ブログトップ

Central Vibe

avocado.exblog.jp

HMVネット通販でExpansion物1,500円セールだと!

<   2005年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

b0012110_18342895.jpgImage Entertainment B00005R5H6 resion1 (2001/12/04)

現在はDome Recordに所属しているR&B SingerのLive DVD。2000年に"Black Entertainment Television"で行われたスタジオライブの収録ですが、これどうなんでしょう。

元来彼女の声は細く、そんなに声量があるとも思えない中、充分な準備が出来なかったのでしょう。さらに息も絶え絶えの歌唱にかなりガックリ。

シンガーソングライター(!?)として才能のある人で、ひねりのある曲展開や知的な歌詞は非常に好きなのですが、「本物のBrendaってこんななの?」と思ってしまいました。

2000年に発表したアルバム"Paris Rain"からの選曲が中心となっており、CD自体のクオリティーが高かっただけに、契約の関係で出てしまったのかもしれませんが、あえてこのライブを発表することの意義が感じられません。CDだけで終わらせておいた方が良かったかも。

もちろん、動く彼女が見られたり(笑)、ピアノの弾き語りやバンドとの駆け引きは面白い部分もあります。"Piano In The Dark"や"Get Here"等、有名曲も聴けます。ファンとしてはうれしいのですが、何と言ってもシンガーとしての彼女の魅力が全く感じられません。ビジュアル的にも、ジャケットでのスリムな彼女はそこにはおらず、どすこい感覚満載の貫禄で、どすどす歩きます。(涙)

パソコンでDVDを見られる方は輸入盤ですとamazonで992円(送料別)で買えますので、何かのついでとか、怖いもの見たさのあなたにはお勧めかもしれません。でも、彼女のことをあまり知らない初心者はCDから聴いてください。

それと、国内盤を買うと3,990円も取られます。字幕入りで4倍もの価格ってどうよ?(注:輸入盤はresion1です。)

1.Expect A Miracle
2.Catch On
3.She's In Love
4.Way Back When
5.If Only For One Night
6.Walkin' In New York
7.Love And Paris Rain
8.Ideal World
9.Piano In The Dark
10.Please Felipe
11.Something About Your Love
12.So Good So Right
13.Get Here
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-29 18:27 | R&B,Soul
b0012110_10164476.jpgYou-Entertainment 40011 (2005/08/23)

JazzとR&Bが好きなEssence magazine の創立者Clarence Smithによる企画物オムニバス。

本作は"Cafe Soul All Stars"と銘打ったセッションバンドを中心に、70年代、80年代臭をぷんぷんさせるSingerをfeat.して構成されたAlbumで、面子的には超豪華です。ここからのSingleとなるGlenn Jonesを筆頭に、Peabo Bryson、George Benson、Vesta、Christopher Williams、Roy Ayers...名前を聞いただけでも即買いの方も多いのでは?

まずはここで全曲試聴可能です。聴いてみてください。

どうでしょう。個人的にはVestaなんて大好きですし、Glenn Jonesの新曲やちょっとLatin寄りな曲もあって楽しめました。またMaysaは最近、この手のインディーオムニバスにはよく収録されるポジショニングになったようで、ネームバリューがあり、メジャー感がありつつインディーであるという特権(?)を十二分に利用してるみたいです。

内容的にはあまりにもsmoothなので、Soulと言うよりJazzやFusion系の人に受けそうな音で、こじゃれた海辺のドライブ向きかな。ジャケットが音を表している良い例です。

さらに、"Cafe Soul All Stars"を一瞬"Cafe De Soul All Stars"と読み間違えたのは僕だけではないなず。(笑)

1 What You Gonna Do (feat Glenn Jones)
2 Don't Make Me Cry (feat Peabo Bryson)
3 Used To Be (feat Christopher Williams)
4 One More Bridge To Cross (feat Vesta)
5 I'm Changing (feat Maysa)
6 Brazilian Heat (instrumental - feat Bobby Lyle)
7 To Be With You (feat Jon Lucien)
8 Urban Jungle (instrumental - feat Roy Ayers & Kenny Garrett)
9 U And I (feat Denise Stewart & Duke Jones)
10 You Don't Have To Say You're Sorry (feat Jazmyn)
11 Stay In My Heart (feat Maysa)
12 Sheba (feat Louis Taylor & Nichelle Holiday)
13 Pier 69 (instrumental - feat Roy Ayers, Pucho & The Latin Soul Quarter)
14 Get Up On It (instrumental - feat Rene McLean & Chris Albert)
15 Pages (feat George Benson)
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-26 10:18
b0012110_18293615.jpgHed Kandi HEDK12013 2005/08/29

Deep House、Chill Out、DowntempoのDJ2人+Vocalの3人組み1st。

Hed KandiのBeach HouseシリーズやWinter Chillなんかを聴いている人にはお馴染みでしょう。また、メンバーのFinn Bjarnsonは「胸キュンHouse」でお馴染み(!?)Kascadeの1人なので、日本人受けしやすい哀愁味溢れるメロディアスな内容となっています。Kascadeの"It's You, It's Me"なんかが好きだった方は違和感無くこの世界にとっぷり浸かれます。また、Hed KandiのレーベルメイトAfterlifeと音作りが非常に似ており、ある意味Chill Out大量生産チームの一員のような感じです。

また、本作はHouseとChill Outが交互に収録されており、統一された暗さ(笑)と、だるい空気感が聴く者のやる気を失わせます。VocalのBecky Williamsはイカニモ白人声で、どちらかというと明るいキュートな声質なのですが、トラックが暗黒な上につぶやくような歌い方をするため、その相乗効果で孤独感倍増の不思議な世界です。

おそらく当面はこのAlbumからSingleが切られ、数々の名remixが出てくると思われますが、こういう音のAlbumってどれくらい売れるのでしょうね?BGMとしては良いですが、全曲を聴きとおす元気はありませんでした。大好きですけど。

1.Seemingly Sleepy
2.Rainy Days
3.Empty Streets
4.The Rest Of You
5.Sunrise Comes Too Soon
6.Eros
7.Keep Up With Me
8.Heaven
9.Beautiful
10.Ment To Be
11.All For Nothing
12.Nothing Left To Say
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-25 18:30 | Club
b0012110_18274457.jpg本blogの内容とは全くかけ離れていますが、書かずには居られません。

吹奏楽作曲家のAlfred Reed氏が臓器不全のため米フロリダ州で死去されました。84歳でした。

shigenori_yは中学生時代に吹奏楽部に所属し、氏の数々の曲と共に多感な時期を過ごしました。その後も事ある度に、氏の曲を演奏する機会に出くわし、大きな感銘を何度も受けました。

最近はご高齢であることから、作品の発表が少なくなったと思っていたのですが、残念です。

心からご冥福をお祈りいたします。
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-22 21:59 | Days
b0012110_1141716.jpgUniversal B000524302 2005/09/20

Hip HopのGrooveにViolinを乗せた個性的な女性Violinistの1st。

album発売のアナウンスがあってから、かなり待たされましたが無事出ました。既にKanye Westの"New Workout Plan"なんかで彼女のことをご存知の方の多いでしょう。最近はあらゆるところで見かけます。Janet Jackson、Jennifer Lopez、Britney Spears、Twista、Alicia Keys、Brandy、Joe....大人気ですね。

本作もそうした活動の延長線上にあり、かなりのゲストが参加しています。Kanye Westはもちろん、Lil' Mo、Scarface、Anthony Hamilton、Consequence、John Legend、Musiq...。ほとんどHio Hopオムニバス状態です。

Violinは、弦がこすれて音が立ち上がるまで、微妙に時間がかかるので、こういったDance物には使いにくい楽器と言われています。また、弦がこすれる音が耳障りなこともあります。しかし本作は、Beatが強烈なため、あまり気になりません。Rapとの相性も意外と面白いです。

ま、こういったClassicの楽器でHip HopやR&Bを演奏するスタイルは1つのジャンルとして確立して来ている気はしますが、聞いた感じ瞬間風速的な面白さだけで飽きられそうな気もします。ゲストが豪華なのもそのせいでしょうか。今後、彼女の2ndが出るかどうかはかなり疑問ですね。(あ、でも人脈はかなり豊富そう。)

さらに、このキワモノ感たっぷりのB級ジャケットを使うセンスが理解出来ないなー。売る気あんのかよ?

1 Intro
2 We Gonna Win - (with Styles P)
3 Jump & Spread Out - (with Fatman Scoop/Vicious)
4 Fly Away - (with Fabolous/Kanye West/Musiq)
5 Hold Your Head Up High - (with Lil Mo)
6 Sunshine To The Rain - (with Scarface/Anthony Hamilton)
7 Lord Of The Strings - (with J. Ivy)
8 Chillin ' In The Key Of E - (instrumental)
9 Miss Melody - (with Akon)
10 New World Symphony - (with Pharoahe Monch)
11 4 Flat Tires - (with Baby/Lil Wayne/6 Shot)
12 She Was Just A Friend - (with Anthony Hamilton/Algebra)
13 I've Been Waiting On You - (with Consequence/John Legend)
14 Star Spangled Banner - (with Doug E. Fresh)
15 Jump & Spread Out - (Reggaetone remix, bonus track, with Fatman Scoop/Zion/Lennox & Pitbull)
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-22 11:42 | Club
b0012110_11142763.jpg徳間ジャパン TKCA72883 (2005/08/31)

野崎良太を中心とする世界に誇るJazztronikの新作。(2ヶ月連続新作の第一弾)

てっきりSingle"Tiger Eyes"を中心とした構成になるかと思っていましたが収録されず、ラテン・ブラジルの音を中心とした新曲で構成されています。やはり今回は豪華なゲズト陣が注目。

流れるような澄み切った声が軽快なトラックと相まって歌物としての完成度が非常に高い今井美樹M2にノックアウト!良くも悪くも嫌味の無い彼女のVocalは速いテンポなのにさらりとした感触です。

また、ゴスペラーズの黒沢薫が参加したM10は、Jazztronikらしからぬ(?)意欲作で、これまたソフトにFunk(謎)な出来栄え。Paul Brundtland参加のM7は声の良さを生かしたやや大人なエッセンスの曲でこれまた気持ち良し!

インストと歌物のバランスも良く、非常に聞きやすくなっています。

最近はDJやProducerが複数のArtistをゲストにアルバムを作成するパターンが多いように思いますが、一般的にはバラエティーに富みすぎて統一感が失われる場合が殆どです。しかしながら、本作は統一したカラーが明確にあり、さすがにJazztronikといった趣です。お勧め。

1 Prelude
2 Searching For Love
3 Cannibal Rock
4 South Of The Border
5 Dentro Mi Alma
6 Madrugada
7 Reminisce On Joy
8 Verdades
9 Beeping
10 流星
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-21 23:13 | Club
b0012110_23373335.jpgいやー。もうそんな季節ですか?
今日は最高気温32度だった訳ですが。(笑)

今年はAnita BakerがChristmas Albumです。
そもそも暖炉感200%な彼女だけに、これは楽しみですね。

...って全然季節感ねーよ。暑苦しい。

2005/10/04発売ですが、まだ10月から聞く気にはなれませんね。(笑)
先行すぎてちょっと。

1. Christmas Time Is Here
2. Frosty's Rag (Frosty the Snowman)
3. I'll Be Home for Christmas
4. My Favorite Things
5. Moonlight Sleighride
6. Family of Man
7. God Rest Ye Merry, Gentlemen
8. Christmas Fantasy
9. O, Come All Ye Faithful
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-19 23:40 | R&B,Soul
渋谷のタワレコの地下でクリアランスセールをやっていたのですが、これが300円均一。
Cafe De Soul Vol.1~3なんかもあって、定価で買った僕なんかはムキーって感じ。

悔しかったので、あやしげなジャケットの売れそうにないインディー物を買いあさりましたとさ。
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-19 22:43 | Days
b0012110_11145627.jpgDOME CD5 (1995/10/1)

JazzやCrossoverの分野で人気があるイギリスのSax、Keybordプレイヤー、Mike Stevensの1995年Album。Dome Recordから。

本AlbumはSaxによるインストが中心で、通常ですとスルーしそうなのですが、中にVocalがfeat.されている曲があり、それが如何にも90年代UK Soulを凝縮した内容で素晴らしい。

何しろ80年代のUK Soulを代表するグループ"Working Week"のVocalであったJuliet Robertsと、"Do Me Baby"でお馴染みMeli'sa Morganが参加しているのですから。この当時、彼女達はそれぞれが"Caught In The Middle"、"Keep in Touch(Body to Body)"といった歌モノHouse界のまれに見る大Hit街道驀進中であり、さらに注目度がアップしていた頃でした。
b0012110_11161051.jpg
中でも、Singleとして出された6、3はどちらもミッドテンポなSmoothな作りで、Meli'sa Morganのさらりとした歌声とMike StevensのSaxがからむUKならではといった趣があります。シングルジャケットのMeli'saのように眩しい陽射しに目を細めながら、シーツにくるまっている朝といった感じ。この2曲は今年出たMix CD、"DJ KOMORI / Dramatic Dome Mix"にも収録されていました。

また、残念ながらsingleのみの収録であった"Come To Me"は、PAPRIKA SOULやRONNY JORDANでも有名なラテンクラシックをAcid Jazzを彷彿とさせるCoolな作りにした曲で、Juliet Robertsのちょっと気だるげなスキャットが遠くから聞こえると、こちらは夜の大人の世界が広がります。Albumにこの曲が収録されていないのがとても残念。また、10はJulietとMikeの二人がソングライトで共同クレジットされているスケールの大きなバラード。伸び伸びとした声で歌い上げるJulietは、Houseばかり歌わされて窮屈だったストレスを発散するがごとく(笑)、さすがの貫禄です。

もちろんVocal曲以外にもTeddy Pendergrassの"Joy"、Alphonse Mouzonの"Jean Pierre"と、名カバーが続き、利き所満載です。

ところで、この時期切られた6、3のSingleと、Meli'sa名義のSingle"Still In Love With You(Remixes)"のCDSのジャケットが全部同じ写真の使いまわしで、ややこしいことこの上なし。Domeは内容は良いんだけれどジャケットセンス無し。

1 Long Road
2 Rainbow Warrior
3 Searchin'
4 Catalina Dawn
5 Skyride
6 Tell Me (How It Feels)
7 Joy
8 Harbour Island Breeze
9 Jean Pierre
10 Healing Heart
11 Across the Miles
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-08 01:13 | UKSoul・Club Classics
b0012110_180455.jpgHed Kandi BIBZ 008 (2005/08/22)

Hed KandiからのIbizaの人気Hotel Es Vineと人気のあるBase Barをイメージした年に1回の人気シリーズ。今回は3枚組みです。

これも遅いなぁ。一体HedKandiに何が起こっているのでしょう。8月下旬に発売ということは実質手に入るのは9月ですから、Beach Houseも含めて、この手のリゾート系季節物音楽のタイミングは完全に外してる感があります。夏前に出してよ。

ただ、例年は2枚組みが今回は3枚組みに増量。値段は据え置き(HMVで3,117円)なのは評価出来ます。

全てMixされていないので、好きな曲だけ聴くには便利ですね。最近、CDを購入するとすぐリッピングしてポータブルプレイヤーで持ち歩く人が多いでしょうから、unmixはうれしいところ。でも微妙にeditされてて、最後はF.O.していく曲が多いのがHed Kandi的でしょうか。そのおかげで収録曲数が増えるわけですけれども。

さて、Disc1はDowntempo、Chillout系が中心となる、まったり系。Disc2はDisco、Club系のHouseが中心となるアッパー系。Disc3は、よりElectricかつPopな要素もありつつ、Club系。それぞれが微妙にコンセプトを変えつつも、全体的なスタイリッシュな統一感といい、音から想像するイメージといい、相変わらず選曲眼は確かです。お手軽に夏のリゾートを満喫するには良いCDでしょう。Hit曲を手堅くあつめてありますし、新しい曲ばかりなので最近の音の傾向をチェックできます。アナログでこつこと集めてる人が見たら卒倒しそうな中身で、努力とお金を節約しましょう。(笑)

でも、同じような傾向の曲が中心になるので、全部聴いてるとやっぱ飽きるなぁ。いつもは評価の高いジャケットも、今回は詰め込みすぎ。

Disc1
1 Reflections - Opus 15
2 Cinematic Soundown - Los Olivadados
3 Don't Look Back(Fug Mix) - Bliss
4 Light Things - Bright, James
5 Let It Go(Original Mix) - Battistessa
6 City Streets - Positive Flow
7 Lessons Learned From Goodbye - Latrice
8 Heavens On Fire - Luke
9 Supernova(Album Version) - Eddy Meets Yannah
10 Voodoo(Album Version) - Chungking
11 Stars - Dubstar
12 Only Love Can Break Your Heart(Album Version) - St. Etienne
13 Trust - Bailey, Bonnie
14 Emotion 98.6
15 Soft Rock
16 Doctor Pressure (dirty radio edit)
17 Destroy Rock 'n' Roll (Tom Neville clean edit)

Disc2
1 Felicidad(JJK Reversoul Vocal) - Mambana
2 So Many Times(Club Mix) - Gadjo
3 Free As The Morning Sun (Haji & Emanuel Mix) - Mr. Hermano
4 Universal (Kings Of Soul Vocal Mix) - James, Nate
5 Ice Cream Parlour - Liquid People
6 Something (To Make You Feel) (Kandid Mix)- Silosonic
7 Let The Music Play(Lovegrooves MIx) - Kujay Da Da
8 In The Night(Vocal Mix) - Who Da Funk
9 Hypnotic Erotic Games(Soulshaker Club Mix) - Soulshaker
10 Loving You(Original Mix) - Poker Pets
11 This Feeling(Original Mix) - Lovemakers
12 Loving You More(Original Club Mix) - Mac, Steve & Steve Smith

Disc3
1 Until The Music Stops(J.A. Teknixx Mix) - Jupiter Ace
2 Angel Of Love(Original Mix) - Haji, Seamus
3 Walking On Sunshine(Hott 22 Sampilicious Mix) - Rockers Revenge
4 Empty Streets (Aurora Remix) - Late Night Alumni
5 Into Your Eyes - Van Helden, Armand
6 I Like The Way You Move - BodyRockers
7 Dirty - Punk Rox
8 Someday(Main Mix) - Ades, Jean Claude
9 Gabyrelle (Original Mix)- DJ Technik
10 Breathe (Original Mix) - Howells, Danny
11 Most Precious Love(Copyright Spiritual Club Mix) - Blaze & Barbara Tucker
12 I'll Rise(Eric's Beach Mix) - Peyton
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-07 18:03 | Club