ブログトップ

Central Vibe

avocado.exblog.jp

HMVネット通販でExpansion物1,500円セールだと!

<   2005年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

b0012110_14292560.jpgUKのインディーズとして、Mellowな曲を作らせたら右に出るものは居ないくらいの勢いのレーベル"Cafe De Soul"。そこから出ている楽曲はどれも高品質で、日本の人気コンピ"Soul Essentials"シリーズでもよく取り上げられています。

しかしながらインディーズという性格上、日本では売っていなかったり、すぐ廃盤になったりとなかなか入手困難です。UKのamazonでさえ扱っていないです。

でも、ネットでは確かに存在することが分かっているCDがあり、それをご紹介します。ということで、今回はこれ。"Dance Floor"

他のコンピでも収録されているので、絶対に聞きたい!って程でもないのですが、なんとなく押さえておきたい感じ。もともとアナログ2枚組みらしいのですが、CDもあるらしい。

簡易な入手経路があれば情報求む!

01. Nyr - Call Me
02. Ylation - Baby Come Over
03. Christopher Williams/China - Tell Me How Much
04. Copeland Green - Unconditional Love
05. 3D - Set U Free
06. Michael Sims - You Be Good To Me
07. Philip Hunter - I Can Love U Better
08. Miles Jaye - Should Have Been Strong
09. Sheree Monique - Because Of You
10. Tonya Chester - Girlfriend
11. K-Rob - 2Nite
12. Rerni - In The Heat Of The Night

あ、ちなみに、"Cafe De Soul"というレーベル名そのまんまのコンピVol.3~Vol.5をそろえれば、これらの曲は網羅されます。
[PR]
by shigenori_y | 2005-06-30 23:19 | R&B,Soul
b0012110_1113034.jpgSLOW DOWN / SLOWCD004 / 2005/06/17

インディークイーンここに有り!女性R&Bの1st。

インターネット上にはレコード会社と契約する前のアーティストが作品を発表できるサイトが数多くあります。そこを渡り歩いていると必ず出くわす名前。それが"Honey Brown"。彼女は非常にクオリティーの高い楽曲を作成しつつ、それらをmp3で惜しげもなく無料公開しています。それも複数のサイトに。こまめにインターネットを見ている人であれば、本CDの全曲をmp3で集めることが出来るはずです。(それも合法的に)

とりあえず、ここを紹介しておきます。

30歳という年齢を考えても、決して恵まれた音楽環境ではなく、この先どこかが拾ってくれるかどうかも分かりません。ですから、日本で彼女に注目が集まり、このCDが出たということは1ファンとして純粋に感動。よかったね。

さて彼女のスタイルですが、全体的にはFaith Evansに近いと評されていますが、もっと大らかかな。非常に豪快に歌い上げるかと思えばmellowに魅了し、決してメジャーに引けをとらないAlbumとなっています。楽しい内容です。自らのソングライトも及第点。女性Voccalが好きなら安心して聞けます。

気になるのは、幅広く手を広げているため、今風R&B有り、Rapの絡むハードな曲有り、Mellow有りと、器用貧乏になっているところ。今後メジャーから声がかかるかどうかは分かりませんが、彼女の興味の中心はどこに?という点を明確にして個性を出していかないと辛いです。

あと、Photoshopを駆使したっぽい顔半分のジャケットですが、彼女も体脂肪多め。健康に注意だ!
[PR]
by shigenori_y | 2005-06-27 23:12 | R&B,Soul
b0012110_1020328.jpg有名DJであるPaul Oakenfold、Rob Davis、Steve Osborneの3人が当時やっていたレゲエユニットMovement 98によるUK Soulの超名曲。1990年作品。

当時流行していたGround Beatとレゲエをベースに、UK Loversの歌姫Carroll ThompsonのVocalが乗るというスタイル。所々に"Eric Satie / Gymnopedie No.1"がサンプリングされており、それがこの曲の雰囲気を決定付けています。

そもそも、Carroll Thompson。彼女は非常にR&Bに近いところに居るSingerで、自身のAlbumでも幅広いアプローチが人気ですね。非常に涼しげな美しい声と、さらりとした歌唱が特徴で、まるで風鈴のような清涼感をもたらします。

Ground Beatと言えばSoul II Soulな訳ですが、あちらはもう少し彼らのルーツというか、民族色を感じます。こちらはもっとスマートで洗練されたスタイル。厳密に言えばGround Beatでは無いかもしれません。曲の後半にレゲエとしてのギターの後打ちカッティングが出てきますが、ここがこの曲の核心で、普通のUK Soulに終わってない見事な手法です。

ちなみに、Movement 98の皆さん、今はHouseとかTranceをやっているというところが、UK Soulの行き詰まりかつ人材移行と感じて、なんかすごいね。
[PR]
by shigenori_y | 2005-06-26 10:19 | UKSoul・Club Classics
最近、そこいら中のblogで行われているネズミ講連携企画"Musical Baton"が私の所にも回って来ました。ありがたき幸せ。

回して頂いた方以外にも、何人かにお声がけして頂きました。

おもしろい企画ではあると思い、軽く答えてしまえば良いとは思うのですが...
どうもチェーンメール的な要素が強く、5人に回さなくてはならないとか、期限がいつまでというものも無く、そもそも何のために?ということも明確ではありません。

俺のディスク容量聞いてどうすんのよ?って感じで、他の人に回してしまうことが目的になりそうなので申し訳有りませんがスルーさせて頂きます。

ごめんねー。付き合い悪くって。
[PR]
by shigenori_y | 2005-06-25 02:35 | Days
b0012110_14193439.jpgUniversal UCCV-1071 (2005/5/25)

Jazz、AOR、R&BをMixした独自の世界観を持つ女性Singerの2nd。

前作"Salt"は、なかなか魅力的な個性を見せていながら、Produceに難があったのか、今ひとつ愛聴盤にはなりませんでした。本策はその点を反省したのかしないのか、Norah Jones、Cassandra Wilsonでお馴染みCraig Streetが全体を仕切っています。その選択は大成功で、彼女の深いアルトの声を活かし、素朴な土の臭いも残しながら心に訴えるつくりになっています。(ま、どうしても心の中でCassandra Wilsonと比較してしまう結果にはなってしまうのですが。)

しかも、前作のソングライトの弱さを踏まえて、今回はCover曲が目立つつくりとなっており、Beatlesでお馴染み"A Taste Of Honey"や、Madonnaの "Stop"、Neil Youngの"Old Man"等、渋い曲が並びます。また、スタンダードの"I'm Confessin"も自分の色に上手く染めています。これは良い。ただ、あまりPopな曲は表面をなぞっただけのように聞こえるのでマイナス。じっくり歌いこんだ曲や、ゆったりとした温かみを感じる曲が合っています。

彼女は長く生き延びていくSingerだと思いますので、これからも見守って行きたいですね。自身のルーツを現すようなジャケットも、素朴なサガリマユゲで好感度大。
[PR]
by shigenori_y | 2005-06-15 22:19 | R&B,Soul
b0012110_14532671.jpgどうですこの貫禄のジャケット。ビヨンセ、マライヤよりパティーでしょ。(笑)

若いうちからドラッグに溺れたり、激太りしたり、トレーニングを怠って声が出なくなって消えていく「へなちょこでぃーば」が多い中、彼女は僕らが生まれる前からずっと第一線で活躍してきて、今もまだ現役バリバリ。「昔の人」という感覚は全く無く、抜群に声の伸びも良く、自分のスタイルを活かしながら流行の良いところを吸収している。本当に安心して聴ける一人ですね。

しかも、着実にアルバムをリリースしてくれるのもうれしいところで、昨年Def Soulから力作を出したばかりなのに、もう新作です。今回は"Classic Moments"と題して、Cover Albumです。"Ain't No Way"(Aretha FranklinのCover)をMary J. Bligeと、そしてあの"Your Song"をElton JohnとDuetという強力な選曲とゲストで、他にもClassicの名曲ぞろい。6月27日発売です。

しかし、この企画は先の"Chaka Khane / Classic Khane"のパクリ影響ですか?
[PR]
by shigenori_y | 2005-06-14 23:53 | Days
b0012110_2102175.jpg6月12日付けのMTV Newsにデスチャ解散の情報が記載されていました。ひえー。マジかよ。

そのMTV Newsの記事(英語)はここ

本当っぽいなこれは。Mis-Teeq早まったか?
[PR]
by shigenori_y | 2005-06-13 20:36 | Days
b0012110_21154360.jpgCanyon International / PCCY-01734 / 2005/06/01

UKレゲエ、ダンスホール界を代表するProducer"Curtis Lynch JNR"が、R&B界の豪華ゲストを迎えて作った日本先行発売アルバム。(何故か本国UKでは発売未定)

あえて"UK"レゲエと表現しているのは、ジャマイカのそれとは違って、極めてCoolかつ洗練されているということ。レゲエのリズムを利用しつつ、ラバーズとも異なる、何とも個性的なレゲエを展開しています。UK Soulの洗練具合と似てると言えばよいでしょうか。

さらに、彼自身のレーベルNRI (New Reggae Industries)には、あのD-InfluenceのKwame Kwatenも参加している関係か、UK Soul好きなら涙物のゲスト陣。

Miss DynamiteやLil Moなんかは、なんとなく分かるような感じですが、D-Influenceのお抱え(?)SingerであるShola Amaは2曲参加で、その憂いのあるVocalを披露していますし、彼とのコラボレーションでSister Sledge のCover"Thinkin Of You"をチャートに送り込んだKele Le Rocやら、Drum'N'Bassの大ヒット"Circle"でお馴染みAdam Fまでも!

僕なんかはShola Amaの声だけで満足してしまいそうな勢いなんですが、全15曲、レゲエ好きじゃなくても非常に聞きやすい内容になってます。

レゲトンはちょっとあれだけど、UKレゲエならOKだ!(何が?)
[PR]
by shigenori_y | 2005-06-12 21:16 | Club
b0012110_2137898.jpg現代Gospelの人気Duo Mary Maryの新曲。

わ、この上なくHappy! キャッチー!元気いっぱい!Dance仕立てです。大ネタ"Honey Cone / Want Ads"を下敷きに、良い意味でごり押し。高らかに歌い上げる彼女達のコーラスも健在で、I waana go "Heaven"!!! 3枚目のAlbumももうすぐ到着ということで、楽しみにしておきましょう。

RemixはMauriceとJoe SmoothによるHouse Mix。元が元だけに手堅い出来ですが、Dance Classic仕様のMixも欲しかったところ。

しっかし、女達、すっごくルックスが洗練されたね。夏休み明けたら、目立たなかった優等生がいきなり綺麗になってたって感じ。
[PR]
by shigenori_y | 2005-06-11 23:36 | Club
b0012110_16324261.jpg彼女の最新アルバム"Got To Let It Go"の輸入盤が出ていますが、ジャケットは輸入盤の方がインディーっぽい安っぽさを漂わせつつも憂いがあって良さそう。



国内盤ジャケット:ガンを飛ばしつつ意味の無いぶりぶりのポーズ


b0012110_1633253.jpgかなり年齢が上っぽく見えるか?
クワイエットストームっぽい音を想像してしまいそうだな、これ。




輸入盤ジャケット:かなり化粧濃い目、色気ムンムン
[PR]
by shigenori_y | 2005-06-09 01:31 | Days