ブログトップ

Central Vibe

avocado.exblog.jp

HMVネット通販でExpansion物1,500円セールだと!

<   2005年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

b0012110_2352013.jpgもっと痩せてるかと思ってた!!! ショック!!!

あ、写真は四股を踏むKim (...な訳ない。)
[PR]
by shigenori_y | 2005-04-25 23:54 | Days
b0012110_12373328.jpgINCENSE RECORDS SSDI-9130 (2005/03/24) 2,100円

HouseをベースにJazz、Loungeの要素を加味したUrbanな(笑)曲を集めたオムニバス。12曲入りunmixedCD。

まず、謳い文句に「世界的トレンドである“ニューソウル”な最強ボーカルをフューチャーした」とありますが、一般的に言われているNu Soulではありません。あくまで雰囲気重視のちょっとTrip Hop入ったHouseという趣。

女性Vocalの浮遊感たっぷりな"Soulstice / The Reason(DJ Spinna remix)"、良質Deep Houseを連発していた頃のNaked Musicから"Central Living / Visions"。そしておしゃれモノには欠かせないIrma RecordからはJestofunkが2曲収録。トドメはDance界ではひっぱりだこのJocelyn Brown2曲収録で貫禄をみせつけています。

...と、House系のヘビーリスナーにはお馴染みの面々なので、割と入門編。

b0012110_12384841.jpgVocal Room シリーズとしては同デザインジャケットの"~Latino Nite~"もあり、これまた分かりやすいLatin House満載でわりと売れてるみたいです。

このINCENSE RECORDSは女性ターゲットのLounge、Jazz、Bossa、そしてDeep Houseのコンピを多数発売しているようで、ま、所詮「夜のBGMにどうぞ」的な扱いでしかありませんから「クールな都市徘徊者へ!」とか訳わからんコピーを平気で付けちゃうんでしょう。もっとライナーを充実していただければ、手軽に旬の曲を手に入れられるのでうれしいですかね。2,100円という価格設定はまぁまぁ。
[PR]
by shigenori_y | 2005-04-21 12:40 | Club
b0012110_1423330.jpgWASHINGTON CLASSICS NO.1221HH008

MellowなHip Popという「微妙な」音楽を作り続けるFunky DLのレーベルコンピ。

「微妙な」というのは、この音が殆どUSや、本国UKですらあまり機能していないこと。でも日本人受けは良く、彼と女性Singer SiennaとのユニットThursdays LoveはAlbum発表後、次々と12inchが切られています。また、お馴染み人気コンピSoul EssentialsにもFunky DLのProduceしたDyanna FearonやJ'LEISH等、収録がありました。マーケットを余り意識せず、自分の心地よい音楽を作り続けた結果、日本でそれが受け入れられたというのは、ある意味幸運ですね。

で、それら12inchでしか流通していなかった初CD化曲11曲を含めた、なんと16曲入りのボリューム。(彼の場合1曲が3分~4分と短いです。Remix曲にしても。)

Funky DLの新曲はもちろんのこと、日本では既発表の"Dyanna Fearon / Kinda Shy"やMinnie Reperton / Inside Me"使いの同"Dyanna Fearon / Before our Love (Just Fades Away)"。さらには先にご紹介の"Thursdays Love"は4曲収録で、どちらかと言えばR&Bの歌モノの色合いが強く、さらりとJazzの香りも漂わせながら洗練された女性ボーカルが乗ります。

かなりシックでパープルな世界が広がるこの音楽。おしゃれーな大人の淑女にもぜひ聞かせてあげたいですね。でもこのままだとPaul Hardcastleのような日本FM向けのおしゃれR&Bになっちゃうのが、不安でもあったりなかったり。
[PR]
by shigenori_y | 2005-04-19 14:04 | R&B,Soul
b0012110_14135085.jpg行って来ました。デスチャ。日本武道館。

....大爆発。

やっぱり世界的に旬の人たちはパワーが違います。

計算されつくした舞台装置と演出。トレーニングしつくされたダンサー。そこに洗練された自信満々の彼女達。僅かの隙も見当たらないほどの完璧なステージ。

"ザ・エンターテイメント"

そういうものを感じさせられました。
LiveというよりShowっていう感じが近いかもしれませんが、金かかってそうです。

あれよあれよという間にめまぐるしく変わるステージに、もうただただ圧倒。
あれでノレない人なんて居ないんじゃないかと思うくらいの大盛り上がり。

いやね。もう細かいこと全然記憶にないんです。それくらい武道館一体となって、歌いまくり、踊りまくり。あっと言う間の2時間でした。

無理しても行ってよかった!心からそう思えるひと時でした。

ちなみに、Soloでそれぞれ成功していても、デスチャはやっぱりビヨンセ様+他の二人っていう扱いのままでしたとさ。
[PR]
by shigenori_y | 2005-04-18 23:52 | Days
b0012110_18544376.jpgはぁ?
なんだこの日本盤のジャケットのセンスの無さは。スナップ写真か?

えぇ? 
聴き所の1つ"Still Got Love"が日本盤には収録されていない?
ちゃんと聴きこんで選曲してないのか?


b0012110_18543398.jpgおぉ?
日本盤は輸入版より1,000円近く高い?余りにも差が有りすぎ。

好きなアーティストにこういう扱いをされると嫌ですね。
レコード会社はちゃんと仕事して下さい。

上段:日本盤
下段:輸入盤

[PR]
by shigenori_y | 2005-04-14 19:05
b0012110_1610195.jpgKSR Corp. (2005/03/30) 2,800yen KCCD-157

そろそろこういうLatin系の曲のリリースが始まるんですね。ってことで、"House N’Breaks"シリーズでBossaやDiscoモノコンピを続々とHitさせているLabel、KSRからのLatin Houseコンピ。第4弾です。

とにかく爽やか+アッパーでメロディアス。ちょこっと哀愁風味を加えつつ、日本人好みの女性Vocal中心に収録しており、これは売れるよねって感じです。季節的にウキウキしてくるタイミングでのリリースも好感度大。

Rasmus FaberとKnee Deepという豪華キャストの、その名もど真ん中な"Seawind Project / Free"がやはり一番の聞き所でしょうか。7th District Inc.なんかは、てっきりSoul系Garage Houseのプロジェクトかと思っていましたが "Love Breeze"という爽やかな曲を届けてくれました。ケンシロウ(??)の"Kenshyro / Remember The Summer"もセンチメンタルなVocalとJazzyなギターが心の琴線をかき鳴らし、人気が出そうな清涼感。他にも国内初CD化のオンパレードで秀曲ばかり。いつも通りに視聴せずに買っても後悔はしません。

ま、去年も書きましたが、しばらくするとこの手の曲を収録したコンピが雨後の筍のごとく出てきます。激キャッチーな曲ばかりなので、正直すぐ飽きてしまうでしょう。曲に深みはありません。ラテン系パーカッションにSexy Voiceの女性、キーワードにSummerとかBahiaとかBailaとか入れて一丁上がりって感じです。こういうのは踊り倒せば良いのでしょうが、大量生産に文字通り踊らされている気がしますねー。(とか言いつつ買っちゃうんですが。笑)

それと、今回はぱっと聞いた感じ、Vol.3やVol.2よりパワーダウンしている気がします。2,800円という価格設定と不親切な曲の説明も、あいかわらず不満。
[PR]
by shigenori_y | 2005-04-11 23:09 | Club
b0012110_10275637.jpg最近、とんとご無沙汰だったMica Paris。昨年は"Seraphim Suite / Heart"のfeat.で声は聞くことが出来ましたが、彼女自身の活動はストップ状態。

しかし、ついに5/10にWounded Bird Labelより復活のAlbum"If You Could Love Me"が出る模様!

ま、インディーズでもメジャーでも、何処から出てもファンとしてはうれしいのですが、あまりにもジャケットの安っぽさにちょっと不安。音まで安っぽくなっていないことを願う限りです。

AvaniのAlbumに賞賛のコメント書いてる場合じゃないって感じ。
[PR]
by shigenori_y | 2005-04-07 22:29 | R&B,Soul
日本武道館公演まであと1週間!
仕事上のトラブルありませんように。楽しみー。
[PR]
by shigenori_y | 2005-04-07 10:36 | Days
b0012110_1963666.jpg90年代を華々しく彩ったJody Watleyの大Hit曲"Looking For A New Love"の2005 Remixか彼女の公式サイトからFullでダウンロード出来ます。

...が、これは無かったことにしていいですか。ベイベ?
[PR]
by shigenori_y | 2005-04-06 19:08 | Days
b0012110_14111387.jpgSlip 'n' Slide UK (2005/03/07) SLIPCD 190

アフロ女性のジャケットでお馴染み、Club系JazzyなHouseを収録した人気シリーズ"Klubbjazz"の第6弾。

UKのHouseレーベルであるSlip 'n' Slideは好調で、次から次へとコンピを出してきます。コンセプト的には"Jazz In The House"と変わんねーだろ。って気もしますが、"Jazz In The House"がBlaze等のHouse界の大御所や米・英のHit曲が中心なことに対して、本作は知る人ぞ知るというかドイツ、スウェーデンと言った地域の幅広いやや明るめの選曲。

S.U.M.O.やら、Truby Trioなんかはちょくちょく日本でも耳にしますが、今回はアーティストが一体何者か、分からない曲が多いです。ま、楽曲勝負ということでしょうか。レアっちゃーレアだけれどもね。購入のトドメとなる大Hit曲の収録が無いのが購入を躊躇するところかも。

また、このシリーズだけのHPも出来ているようで、ここ。(Vol.6の紹介はまだ。)
[PR]
by shigenori_y | 2005-04-04 23:09 | Club