ブログトップ

Central Vibe

avocado.exblog.jp

HMVネット通販でExpansion物1,500円セールだと!

<   2005年 02月 ( 18 )   > この月の画像一覧

b0012110_1354623.jpgVarious Artists CD (2004/05/31) Expansion

最近Expansion Recordsに取り付かれていますが、これまた同Labelの15曲収録コンピCD。

いつもの金太郎飴的Expansionサウンドですので、安心して聞けます。もちろん全て良い出来です。

Albumがかなり好評な"Alyson Williams / Make It Through The Night"はさすがに「貫禄」のまったり加減ですし、Groovyな"Impromp2 / Give It Up"には何とPatrice Rushenが参加!爽快です。"Carmen Rodgers / Dream"なんかもAlbumを通して聞いて欲しい秀逸なMellow Groove。そしてSingleが出た時点で大きな話題をかっさらった、もうSoul好きにはお馴染み"Otis & Shugg / Journey"収録ですね

割とオーソドックスなSoulなので、タイトルの"New Soul"とは何ぞや?と疑問も残りますがレーベルコンピとして美味しいところが収録されています。Album出ているSingerが多いのでそちらも聞きたくなり、レーベルの思うツボ。
[PR]
by shigenori_y | 2005-02-24 22:07 | R&B,Soul
b0012110_18571488.jpg日本独自編集のDeep House、Latin Houseコンピ。
VIA-0026 (Village again) \2,400 (有)エクストラ フリーダム

渋谷のClub"The Room"のイベントのオーガナイザーによる企画物。国内盤のこういう企画は無節操にHit曲を詰め合わせただけのものが多いですが、これはDeep Houseのツボを付いた選曲です。Hed Kandiの"Beach House"とか"Stereo Sushi"が好きならばっちり。また、サイトに各曲の説明が乗っているのも丁寧なところ。

"Project / Waiting"は、丁度Naked Musicのピーク時にドロップされた曲でちょっと遠い目をしてしまいそうな「Naked節」。Bah Sambaの新曲"Portguese Love"は、Teena MarieのCover! 彼らはここまでアゲなくっても良いのに、と思うくらいUpper。"Solu Music feat. Kimblee / Fade"はコアなDeep Houserに激ウケ(笑)のHit Tune。全10曲ですがNon-Stopではなく、Remix VersionがFullで収録されています。

この手のHouse Onlyの純粋国内盤が出るっていうのはある意味快挙ではないかと思いますが、一番の突っ込みどころは、ライナーの「女性DJによる女性ミュージック・ラバーの為の"胸キュンHOUSE"」ってところですか?
[PR]
by shigenori_y | 2005-02-21 19:00 | Club
b0012110_1651185.jpgこれまたUKのIndie LabelからR&Bオムニバス。Dome、Expansionときて、ここRandom Recordsもキテます。

売れ線のメインストリームに違和感を感じ、「これではいかん!」と決意をして本物の「Soul」を求めた彼ら。HPの"Releses"のページにはそんなコンセプトも書かれていますが、音を聞けば「なるほど、こういうのがやりたいんだね。」と納得です。

所謂Neo Soul系の音が中心となりますが、UK Soulの雄"Loose Ends / Growing"を始めとし、昨年出たAlbumも素晴らしかったSimpleながらも味わい深い"Myron / Free"、相変わらずセンチメンタル大爆発の"Don E / Lonely"等、男性Vocalを中心としたラインナップで聞かせます。Lynden David Hallとか、Reillyとか渋いよねぇ

また、"Dyanna Fearon / Kinda Shy"は"Soul Essentials 7"に収録されていましたので、その手の国内コンピの感触をイメージして頂ければ間違い無しです。コンセプトほど土臭いSoulの体臭は匂ってきません。極めてCoolかつGroovyな曲ばかり。

そんなに目新しいことをやっているわけでもないので、"This isn't just a label... it's a movement."は、かなり大げさかと思いますが、Dome RecordsやExpansion Recordsの曲以外(ジャケットデザインとかね)のセンスの悪さから比べると、インディーとしては頑張ってます。デザイナーが居るのかな?
[PR]
by shigenori_y | 2005-02-18 22:04 | R&B,Soul
b0012110_1952087.jpgJazzやBossaを中心としたAcousticな(内省的な)音楽から、急遽Drum'N'BassやClub的なアプローチへと音楽的変化を遂げ、ファンを路頭に迷わせた(爆)Tracy ThornとBen Wattの2人組み、EBTG。なんと10周年記念RemixCDが近々出ます。

まずはトラックをどうぞ。

1.Mirrorball (DJ Jazzy Jeff Full Sole Remix)
2.Before Today (Adam F Remix)
3.Missing (CL McSpadden Unreleased Powerhouse Mix)
4.Corcovado (Knee Deep Remix/ben Watt Vocal Re-Edit)
5.Rollercoaster (King Britt Scuba Mix)
6.Downhill Racer (Kenny Dope Remix)
7.Single (Brad Wood Memphis Remix)
8.Walking Wounded (Dave Wallace Remix)
9.Five Fathoms (Kevin Yost Un-released Groove Mix/Ben Watt Edit)
10.Lullaby Of Clubland (Jay Sinister Sealee Remix)
11.Temperamental (Pull Timewarp Remix)
12.Blame (Fabio Remix)
13.Wrong (Todd Terry Un-released Freeze Mix)
14.Driving (Accoustic Mix)

ひゃー。すご。金かかってそうですね。(あ、オリジナル作るよりは安上がり?)

Tracy Thornの憂いを帯びた深い声を無機的なRhythmに合わせた結果、苺と大福の組み合わせのような奇抜ながら意外にもマッチした新しい世界が広がります。まさにRemixの素材としては彼らの音楽は最高だった訳ですね。大きな転機としてはMissing(Todd Terry Remix)が起爆剤となっていて、そういう意味ではTodd Terryの功績大ではあります。Sade / PearlsやSuzanne Vega / Tom's DinnerのHouse Remixも同様な世界ですが、自らがClubの世界にとっぷりって言うのはEBTGくらいでしょうか。まったくClub側からすれば頼もしい限り。最近、グループとしては活動のペースが落ちているようですが、このCDをきっかけに復活してもらいたいものです。

しっかし、こういうのをCCCDで出して一体誰が嬉しいんでしょうかね?
[PR]
by shigenori_y | 2005-02-17 19:07 | Club
以下のお二人とLinkさせて頂きました。
ありがとうございます。

b0012110_9223086.jpgまっつーのTALKING BOOK

「和める音楽情報を提供するサイト」というコンセプトで、Black Musicを中心とした、まっつーさんのお勧めをご紹介。丁寧なレビューと☆の数でいろんな観点から評価しています。
彼女とのドライブデートの前は、とりあえず見とけ的。


b0012110_9224693.gifBrilliant.

有りそうであんまり無い、Garage House、Deep Houseを中心としたDance Musicを扱ったサイト。Jazz-N-Groove最高!
Defected、Naked、Soulfuricのアナログを集めていらっしゃいますが、結局Hed Kandiのオムニバスも買ってしまうんですよね~。
[PR]
by shigenori_y | 2005-02-17 09:41
b0012110_1112124.jpgSoulfuricやPurple Musicといったシャウト系House Labelの中から、女性Vocal物を集めたDJ.RLPによるMix CD"Total Diva"。意外と人気らしく第三弾です。

今回も新Mixや話題曲をそろえた体脂肪高めの密度で、"CECE PENISTON / ETERNAL LOVER"はVol.2に続く登場、Soulfuricのリメイク話題曲"CONNIE HARVEY / THANK YOU LORD"、またまた登場Kathy Brownの"MAJOR BOYS FEAT KATHY BROWN / TIME AND TIME AGAIN"、"Disco House N' Breaks Vol.2"にも収録されて話題だった"GADJO / SO MANY TIME"と、くどいまでのPowerで押せ押せ状態。

Mix自体は、極めて普通。おとなしめのMixで、あまり工夫が見られませんが、曲が派手なので、これくらいで良いのかもしれませんね。(曲の力に頼りきってるって気がしないでもないです。)

Vol.2まではShopで見かけなかったのに、本CDは外資系Shopで大量に見かけます。ひょっとしたら90年代にあった「歌物House」の流行りが、また復活するのか?やたらキャッチーなHit曲ばかりですので、とりあえず視聴レベルから始めましょう。

しかし、Jacketは相変わらず趣味悪っ!
[PR]
by shigenori_y | 2005-02-16 22:00 | Club
b0012110_8341881.jpg1980年代から90年代に主に活動していたPerri姉妹のBest。

Anita Bakerの復活により、今またQuiet Stormの再評価が行われつつある(と勝手に思っている)のですが、そのAnitaのBack Vocalを勤めていた彼女達。タイミングを見計らったかのようにBestが出るところは、発売元のExpansion Recordsのマーケティング戦略でしょうか。

彼女達はどうしてもAnitaの二番煎じの感がぬぐえなく、代表曲でもある"Someone Like You"は正にAnitaの"Sweet Love"のコピーというか何と言うか... Quiet Stormが大量生産されていたであろう当時の、バブリーなゴージャス感(笑)が余すことなく発揮され、ここ数年のSoulには無い「寒い冬、暖炉の前で毛皮に包まれて恋人と愛を語り合う至福感」満載です。(苦笑)イントロの「ジャーン♪」というBandの音色を一発聞いただけで、「あぁ、あの手の曲ね。」と分かる作りです。(いや誉めてるんですよ。)

ま、AnitaよりもUpの曲に強くJazz色が薄い結果、Danceの要素を持つ曲も多いのですが、さすがに時代の流れを感じる古い音。また、独特の音程のはずしがどうしても気になって身を委ねられない危うさがあります。(Anitaは狙って音をフラットさせることがありますが、Perriは単に歌が下手で、声質と声量でごまかしてる感じです。)奇しくも、このBestの中で一番普遍的な輝きを放っているのが、先の"Someone Like You"であることが彼女達が行き詰った理由を示しているかのようです。

ルックス(と体格)も微妙だしねぇ。
[PR]
by shigenori_y | 2005-02-15 08:34
b0012110_11531573.jpgUKの老舗R&B/Soul Labelと言えばここ。Expansion Recordsから3枚組み36曲のボリュームのLabel Samplerとも言えるオムニバス。

Expansion Recordsと言えば、Alyson Williams等、超ベテランシンガーの良質カムバック作を発売したり、最近では"Othis & Shugg / We Can Do Whatever"を上手くライセンスして埋もれた名作を世に知らしめるサポートをしたりと、Indiesならではの自由な発想とレーベルとしての色が上手く出ていると思います。最近のIndiesの密かな盛り上がりに大きな貢献をしていると言えるでしょう。

また、同Labelは"Soul Togetherness"のようなオムニバスも得意で、数年に一度だされる3枚組み(前回は4枚組みでしたが)Samplerは、UKに限ることなくあらゆるSoulファンの外すことの出来ないアイテムとなっています。公式HPには掲載されていないので出たのが気がつかなかったりしますが、SmoothかつMellow好きなら、ここはLabel買いしても安心ですので見つけたら買いましょう。

ということで本CDも同Labelの近作を中心に期待を裏切らない、Expansionカラーとでも言うべき知的かつ比較的Classicタイプの統一性のある曲達が並びます。ま、お金があまりかかって居なさそうな音もありますが、「別に金が無くったって良い音楽は作れるんだ!むしろ金儲けじゃなくって、本当に音楽が好きだからやっているんだ!」という主張が聞こえて来ます。最近のプロモーションにだけ金をかけて中身はスカスカのSoulまがいとは一線を画す、そんな1枚(いや3枚か)です。これがUKから出ているというのも非常に興味深いところすね。

ま、能書きはさておき、気持ちの良い音楽が聴ければ、どこから発売だろうが、黒人だろうが白人だろうが、(収録は無いけど)黄色人種だろうが関係ない訳で、そういった意味でも、本CDはボーダレス。感性の勝負です。1曲毎に内容を説明するのは無意味なのでやめますが、UpからSlowまで起伏のある、しかし決して奇をてらった物はなく、実力を持ったSinger達が誠心誠意、心を込めて作り上げた職人技的内容です。これをまず聞いて、そこから気に入ったSingerのAlbumを探すのも楽しみですね。

最後に、これamazonで¥2,064 (税込)!下手な国内盤オムニバスを買う必要無し!もうExpansion Records大好きっす!
[PR]
by shigenori_y | 2005-02-14 22:53 | R&B,Soul
日本公演ではすっかり下っ腹がでたオバサン化してしまっていたJody Watleyですが、
彼女の公式HPで"The Saturday Night Experience Vol.1" に収録されていたDrum'N'Bassの良曲"Purejoy"のjodywatley.net Exclusiveがダウンロード出来ます。

曲の構成とかは同じですが、Drum'N'Bassでは無くなっているので、lounge系のややまったりしたMixになっています。こっちの方が好きかな。
[PR]
by shigenori_y | 2005-02-13 20:20 | Days
b0012110_19175785.jpgやっとUSでもAlbumが出て、これからと思ってたのですが、あと1枚のSingleを3月下旬に出して解散だそうです。

ソースはここ

Mis-Teeqを擁するレコード会社Telstarが昨年夏に潰れたので、危ないかなと思っていましたが、やっぱりって感じです。こうなると姉妹レーベルに居るCraig Davidの今後も心配ですね。また、元メンバーのZenaがソロデビューするのと入れ替わりで解散っていうのも、因果なものです。

2stepで脚光を浴びた人達が、流行の終焉と共にその使命を終えたというところなんでしょうか。
[PR]
by shigenori_y | 2005-02-10 19:19 | Days