ブログトップ

Central Vibe

avocado.exblog.jp

HMVネット通販でExpansion物1,500円セールだと!

カテゴリ:UKSoul・Club Classics( 19 )

b0012110_2324557.jpgもう帰って来ないと思ってました。
Billy April Freemanのプロジェクト、
Drizabone -> Driza ->  Drizabone Soul Family

1stアルバムの"Conspiracy"は1994年とかなり前にもかかわらず、
今でもUK系のコンピやMIX物には"Real Love"、"Brightest Star"、"Pressure"等、
彼らの曲が収録され続けています。
また、UK Soulという枠だけではなく、Houseの文脈でもDavid Moralesの泣きのピアノを加えたRemixは90年代にしかないグルーブを生み出し、クラバーだけではなくお家リスナーにも幅広く受け入れられていました。Remix作品ではShanice / I Lover You Smileが人気ですね。

で、本作。
Singleの"I Fell Apart"をPVを見て、
そのポップさに「あ、これもうダメかもな。」と半ばあきらめかけていたところ、
やってくれましたよ!
あの頃の質感が今生き生きと蘇り、さらに新たに動き始めました。

本作は複数のボーカルが入れ替わりということで"Soul Family"だそうですが、
こと歌だけでは特筆する部分がないです。UK独特の薄味おしゃれボーカル。

しかし、"Conspiracy"を聴き倒した世代ならニヤリとする
Drizaboneならではのメロディーとアレンジ。
ゆったりと流れるグルーブが「そうそう、こういうの好きだったんだ。」と遠い目。
最近のUS化したUK Soulを一喝する、まさに「アーバン」な音。

最後に往年のヒット曲"Real Love"のリメイクが収録されていて。
前半を聴いて「何も変わってないやん」と突っ込みかけましたが、
後半コーラスがぐっとこみ上げてこれはこれで良いです。

最近の奇抜なリズムのセクシー押し付け絶叫ディーバや、
ボコーダー使いの四つ打ち美メロへなちょこボーカル男子に疲れた方、
ベッタベタのUK Soulが聴きたい貴方にお勧めです。

Domeにて視聴できます。

http://www.domerecords.co.uk

-----

こういうの若い世代にはどう聞こえるんだろう?
[PR]
by shigenori_y | 2010-07-03 23:04 | UKSoul・Club Classics
b0012110_2164575.jpg普通のCDショップでは置いていないMix CDなのですが、その選曲に笑いをこらえられなかったのでご紹介。いやもう共感しっぱなしで。

DJ Hasebeの90 年代の渋谷ハーレムでの伝説のイベント " Honey Dip" をそのまま再現したとあって、全体の統一感も流れも90年代。

リストは↓に紹介していますが、まさにこのblogで紹介してきた曲がごっそり。その頃のUK Soul好きにはたまらない内容となっております。

D-Influence あり、Deni Hinesあり、Lisette Melendezのグリグリやら(笑)、Queen LatifahはわざわざFly Girlだし、GuruはDee C. LeeのNo Time To Playですよ。しかもラストがSybilなんて、そんなCDなかなかありません。
一部、Full Flava のYou Are The Universe ( DJ Hasebe Remix )は新しいですが、オリジナルが90年代ですからね~。(笑)

HMVでは店頭で置いて有りましたし、通販でも扱われており、1,575 円とお得。

とにかく聞きやすい。分かりやすい。ああ、そうだったよね。と、音楽の楽しさを再認識させられます。歌物連続なのですが、全く疲れない。Smooth & Sweet!! 必聴!

01. Opening
02. You Are The Universe ( DJ Hasebe Remix ) / Full Flava feat. Ce Ce Peniston
03. I'm In The Mood ( Old Skool 12" ) / Ce Ce Peniston
04. It's For You / Shanice
05. I'm So Into You ( Allstar's Drop Radio Mix ) / SWV
06. Here We Go Again! ( Remix ) / Portrait
07. Hey D.J. ( Old-New School Mix ) / Lighter Shade Of Brown
08. Hey Mr. D.J. ( Remix ) / Zhane
09. Real Love ( Phat Remix ) / Mary J. Blige
10. My Kinda Girl ( Super Radio Mix ) / Rude Boys
11. Good 4 We ( K. Cut Remix ) / D-Influence
12. All Nite Long ( Hip Hop Mix ) / A.L.T.
13. Around The Way Girl / L.L. Cool J
14. It's Alright / Deni Hines
15. Stay ( Extended Mix ) / Eternal
16. Goody Goody ( Hip Hop Mix ) / Lisette Melendez
17. Fly Girl ( Remix ) / Queen Latifah
18. No Time To Play ( CJ Radio Mix ) / Guru
19. Wanna Dance ( UK Party Power Mix ) / Yasmin
20. Optimistic / Sounds Of Blackness
21. Living For You ( Alchemy Mix ) / Kiss The Sky
22. Jamaica Funk / Urban Speech
23. Jamaican In New York ( Tony Dofat's Mix ) / Shinehead
24. Rising To The Top / Bobby Konders & Massive Sounds
25. Funky Sensation ( MAW Mix ) / Gwen McCrae
26. Betcha'll Never Find ( 12" Extended Version ) / Chantay Savage
27. Livin' In The Light ( Brixton Bass 12" Mix ) / Caron Wheeler
28. It's Gonna Be A Lovely Day ( Movin' The Crowd Club Mix ) / The S.O.U.L. S.Y.S.T.E.M.
29. Dreamlover / Mariah Carey
30. The Right Kinda Lover ( Def Jef Remix ) / Patti LaBelle
31. Beyond Your Wildest Dreams ( Johnny's Jumpin' Vibe Mix ) / Sybil
[PR]
by shigenori_y | 2006-07-30 21:13 | UKSoul・Club Classics
最近はGyaoを始めとする映像配信が順調に会員を増やして
ブロードバンドの環境で様々なライブが見られるようになって来ました。

で、以前紹介したCaron WheelerのLive DVDの内容が、Yahoo!動画 Liveスペシャルでそっくりそのまま配信されているようです。いつまで配信されているのか分からないので、お早めに。
ちなみに他にもブリちゃんやジャミロ。さらにはスターシップのLiveまでも!!!(笑)
いや、良い世の中になりましたね。

ほれぽちっとな

b0012110_17474791.jpg
ま、Caronの劣化状態は以前のblogでもご紹介したのですが、実は見所はこの←おねーさんの妙な行動です。必見!(笑)
[PR]
by shigenori_y | 2006-02-25 01:52 | UKSoul・Club Classics
b0012110_1442281.jpgPulse-8 Records CD LOSE 100 1995

Urban Cookie Collectiveと言えば、"The Key, The Secret"等のParty Tuneで1990年代の中頃人気のあったGroupで、ルックスも含めてちょっとおバカな曲が多いのですが、そんな彼らが放った哀愁感たっぷりのGround Beatの名曲がこの"So Beautiful"です。

一般的には知名度の低いこの曲、1995年作品ですのでGround Beat後期ということで、特に目新しいことはやっていません。しかしながら、これまたGround Beatで有名なCool Down ZoneのVocal、Diane Charlemagneが参加しているので、初めて聴いた時には「え?Cool Down Zoneの新曲?」と思ってしまいました。Dianeの声はハスキーながらも非常に伸びがあり、サビでの幾重にも重なる"So Beautiful"というリフレインを一層味のあるものにします。

音は完全打ち込みで安っぽいストリングスの音が残念なのですが、それでも広がる世界観はなかなかで、海に沈む夕日を想像させるような曲となっています。Urban Cookie Collectiveの2nd Album"Tales From The Magic Fountain"にも収録されています。中古で250円コーナーにありがちですので、気が向けば。

1.So Beautiful (Eat Me Edit)
2.So Beautiful (Little Ba Ba Edit)
3.So Beautiful (Little Ba Ba Mix)
4.So Beautiful (Little Ba Ba Dub)
5.So Beautiful (Red City Dub)
[PR]
by shigenori_y | 2005-11-16 00:41 | UKSoul・Club Classics
b0012110_836690.jpgGround Beatの傑作。1991年作品。

Soul、R&Bをやっていた52nd StreetというBandが、幾度かのメンバーチェンジを経た後にCool Down Zoneと改名し、その後放ったSmash Hit。Tony Bowry、Mike Wilson、そしてVocalのDiane Charlemagnがメンバーです。

このDiane Charlemagneという女性は結構曲者でして、日本ではSatoshi Tomiieの"Come To Me"や"Inspired"を唄っていたことで有名でしょうし、Drum'N'Bassの金字塔"Goldie / Inner City Life"のVocal、さらには"The Key, The Secret"のHitを持つイタロハウスチーム、Urban Cookie CollectiveのVocalと、全世界を股にかけた活動を行い、それらをことごとくHitさせている才女なのです。ある意味、その時の流行の音に敏感で、特定のジャンルに固執せずに次々と歌ってるということなのですが。

曲は当時流行っていたGround Beatで、イントロから感涙モノのストリングスにDianeの潤いのある幾分ハスキーな声が乗ります。(最初の1小節で3杯はご飯が食べられますね。ええ。)この上ない印象的なオープニングから、流れるようなメロディーに尺八(!?)のアクセントが絡み、曲を盛り上げる壮大なコーラスが加わります。

この時期は、Ground Beatが成熟した頃であり、真に旬の音の勢いを感じます。実際、この年前後には相当数のGround Beatが製作されており、薄っぺらい粗悪品が乱発していますが、Cool Down ZoneはGroove、Vocal、Arrange共にバランスよく作られています。

ただ、本人達はこれほど愛される曲になるとは思っていなかったのか、お金が無かったのか。センスの無いB級ジャケットが涙をそそりますね。彼らはAlbum"New Direction"を発表し、2nd Single"Waiting For Love"を発表。そこそこ売れますが、Ground Beatの終末と共に消えていきました。

1. Heaven knows (Original)
2. Heaven knows (12" Remix)
3. Come be my lover
[PR]
by shigenori_y | 2005-10-21 01:35 | UKSoul・Club Classics
b0012110_1813565.jpgBMG 74321 17105 2 CDS 1993

秋ということで「枯葉」のカバーです。1993年にUKのDJのJon MooreとMatt BlackのユニットColdcutが発表したバージョンを紹介します。

Coldcutは1980年代から活動しているサウンドコラージュとも言える独特なサンプリングが特徴的なTrip Hop・Techonoの開拓者で、Lisa StansfieldやYazzといった1990年代に爆発的人気を誇った女性Singerを発掘した人達でもあります。日本だと、「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」の初代出囃子(爆笑)に彼らの曲が使われていたことでも有名かと。ちょっと恥ずかしいですかね。

この曲はそんな個性的な彼らのカバーに、さらなるremixがされていてすごいことになってます。元々有名曲だけに数々のカバーが存在しますが、このCDSはこの曲のさらなる多様性を追求した出来。

まずM1はムード歌謡風(笑)Downtempoな「こてこて」Original。M2はなんとGround Beatの創始者の一人Nellee Hooperによるremixでピアノも美しい歌モノ。M4はMixmaster Morrisによる消えては現れるVocalが印象的なAmbient!!! それぞれがそれぞれに美しく、物悲しく、それでいて広がる宇宙感覚というか楽しめます。非常に愛される曲だけに、これ以外にも沢山のremixが存在するようですが、ずっと聞いてると寂しくて悲しくて落ち込んでしまいそうです(笑)。

この曲は"People Hold On: The Best of Coldcut"でOriginalとFrench Versionが聴けますので、機会があれば。

1 Autumn Leaves (7" version) (4:05)
2 Autumn Leaves (Nellee Hooper Vocal Mix) (5:26)
3 Feeling Strong (Leaving Home) (The Well Hung Parliament Adventure) (8:18)
4 Autumn Leaves (Irresistible Force Mix Trip 2) (7:02)

注)ジャケ写は別バージョンのCDSです。
[PR]
by shigenori_y | 2005-10-14 01:12 | UKSoul・Club Classics
b0012110_10424571.jpgColumbia Records 1991 UK 3 Track Remix CD Single

1991年イタリア発Blue Eyed Soul。

Sergio Della Monica、Domenico GG Canu、Alessandro Sommellaの3人のProducerチームであるSold Out。英国人女性Sarah Warwickをfeat.して放った"Shine On"がUKでHit。その後、グループ名のスペルをSould Outと変えて"In My Life"を発表し、これがまたHitしました。1991年にAlbum"Shine On"も出ていますが、Sarahが参加しているのはSingleの2曲。他はInst曲です。

本SingleはSarahの鼻にかかった甘い中音域の声と、伸びのある高音を上手く生かしたDance Tuneで、JazzやFusionからの影響も感じさせる心地よさ150%の曲。起伏の激しいメロディーと、サビの"Shine On Your Love"が何ともキャッチーで心和ませます。音作りはLisa Stansfieldの1stの頃の音にも似て、Ground BeatやHouseの影響を受けつつ、生楽器が絡んでいきます。SingleではさらにJoey Negroがremixし、Originalに協力なSaxを加え、"How Gee"風の味付けがなされた、これまたおしゃれ度200%の出来。

彼らで有名なのは"In My Life"の方ですが、個人的にはこの曲のちょいレトロな感じが大好きです。

その後、彼らはDJをする傍ら、「House界のSade(謎)」と評されたKaren RamirezをProduceし、"Troubled Girl"をDance ChartのNo.1にしたり、UKのProducerチームKamasutraと組んでPlanet Funkを結成したりと、積極的な活動を行っています。

1.7" Remix
2 Andalucian 12" Remix
3 Joey Negro 12" Mix
[PR]
by shigenori_y | 2005-10-06 23:49 | UKSoul・Club Classics
b0012110_9551912.jpgGeffen Records GEF12-21649 1991

USからのリリースですが、UKでも人気がありましたので、このカテゴリに入れます。如何にも白人っぽいVocalのClub Classics、1991年作品。

この曲は、跳ねたリズムに乗るキャッチーなスキャットがキモです。

メロディーはA-A'-B-C-Aというちょっと複雑な構成になっていますが、循環コードが使われており、音数的にも少ないので非常にシンプルに聞こえます。また、合間合間には冒頭のスキャットが出てきて、気が付くと最後には一緒に「ナンナナーナナンナ♪」と口ずさんでいるという魔力にかかります。

歌詞の内容は「貴方と踊りたいの。いいでしょ。」的な深い意味の無い単語の羅列。非常に淡白なYasminの声。すぐに忘れ去られてしまいそうな曲なのになぜか心に残るという不思議な曲。もう14年も前の曲なのに、今聞いても平気です。

さらに、C.J. Mackintoshのremixが何とも秀逸で、UK Party Power Mixが人気です。
"How Gee"を引用した強力Mixのおかげでこの曲が一層有名になったと言えます。他にJunior Vasquez もremixしています。

Yasminは同年にAlbum"Wanna Dance"を出し、2nd Single"Sacrifice"ではSteve 'Silk' Hurley、E-Smoove、Maurice JoshuaといったHouse界の重鎮達によるremixを施しますが、これは意外とHitせず、消えていきました。

「脇の下っ!」ってなジャケットも含めて、男心をくすぐる超有名曲です。
[PR]
by shigenori_y | 2005-10-04 09:56 | UKSoul・Club Classics
b0012110_11145627.jpgDOME CD5 (1995/10/1)

JazzやCrossoverの分野で人気があるイギリスのSax、Keybordプレイヤー、Mike Stevensの1995年Album。Dome Recordから。

本AlbumはSaxによるインストが中心で、通常ですとスルーしそうなのですが、中にVocalがfeat.されている曲があり、それが如何にも90年代UK Soulを凝縮した内容で素晴らしい。

何しろ80年代のUK Soulを代表するグループ"Working Week"のVocalであったJuliet Robertsと、"Do Me Baby"でお馴染みMeli'sa Morganが参加しているのですから。この当時、彼女達はそれぞれが"Caught In The Middle"、"Keep in Touch(Body to Body)"といった歌モノHouse界のまれに見る大Hit街道驀進中であり、さらに注目度がアップしていた頃でした。
b0012110_11161051.jpg
中でも、Singleとして出された6、3はどちらもミッドテンポなSmoothな作りで、Meli'sa Morganのさらりとした歌声とMike StevensのSaxがからむUKならではといった趣があります。シングルジャケットのMeli'saのように眩しい陽射しに目を細めながら、シーツにくるまっている朝といった感じ。この2曲は今年出たMix CD、"DJ KOMORI / Dramatic Dome Mix"にも収録されていました。

また、残念ながらsingleのみの収録であった"Come To Me"は、PAPRIKA SOULやRONNY JORDANでも有名なラテンクラシックをAcid Jazzを彷彿とさせるCoolな作りにした曲で、Juliet Robertsのちょっと気だるげなスキャットが遠くから聞こえると、こちらは夜の大人の世界が広がります。Albumにこの曲が収録されていないのがとても残念。また、10はJulietとMikeの二人がソングライトで共同クレジットされているスケールの大きなバラード。伸び伸びとした声で歌い上げるJulietは、Houseばかり歌わされて窮屈だったストレスを発散するがごとく(笑)、さすがの貫禄です。

もちろんVocal曲以外にもTeddy Pendergrassの"Joy"、Alphonse Mouzonの"Jean Pierre"と、名カバーが続き、利き所満載です。

ところで、この時期切られた6、3のSingleと、Meli'sa名義のSingle"Still In Love With You(Remixes)"のCDSのジャケットが全部同じ写真の使いまわしで、ややこしいことこの上なし。Domeは内容は良いんだけれどジャケットセンス無し。

1 Long Road
2 Rainbow Warrior
3 Searchin'
4 Catalina Dawn
5 Skyride
6 Tell Me (How It Feels)
7 Joy
8 Harbour Island Breeze
9 Jean Pierre
10 Healing Heart
11 Across the Miles
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-08 01:13 | UKSoul・Club Classics
b0012110_2157795.jpgGround Beat Classic 1992年作品。

最近ではスマトラ沖地震被害者支援プロジェクト"Hope Collective"に参加したり、 "Mutiny feat. Lorraine Cato / Holding on"でUpperなVocalを披露していたLorraine Cato。Donna Summerもカバー(!?)した"Love On And On"も彼女が歌ってたことから、Houseの人っぽいですが、昔はこんなに素敵なUK Soulを歌っていました。

曲はとても悲しい内容なのですが、あまりにもメロディーラインが美しいことと、当時流行っていた(ちょっとLovers Rock風の)Ground Beatが気持ちよく、爽やかに聞けてしまいます。Lorraine嬢の声も明るく、それほど声量は無いと思いますが突き抜けるような高揚感があります。ジャケットも清楚で良い感じ。

さてこの曲、日本でも数々のDJによって取り上げられ、人気があると聞いています。この辺の音、誰かまた作ってくれないでしょうかね?

1 7" Mix
2 Lovers Rock 7" Mix
3 Simon Law 7" Mix
4 Masterpiece 12" Mix
5 Lovers Rock 12" Mix
6 Simon Law 12" Mix
[PR]
by shigenori_y | 2005-08-29 21:58 | UKSoul・Club Classics