ブログトップ

Central Vibe

avocado.exblog.jp

HMVネット通販でExpansion物1,500円セールだと!

カテゴリ:R&B,Soul( 122 )

b0012110_21214518.jpgExpansion Records・Pinnacle / EXCDP043 / 2006.06.05

またまたUK SoulのExpansionから、インディーで活躍するアーティストのコンピ。相変わらず選曲眼というか、これから出て来そうなアーティストのおいしいところを紹介してくれます。

M2は自らのAlbumも可愛かったCorinne Bailey RaeちゃんがfeatされたGuitarが爽やかなナンバー。M3はDonny Hathawayのクラシック カバーでIncognitoのBlueyも参加している、いかにもUK風Houseアレンジ。M6はUKのDome RecordsからAlbumも出しているDonna Gardierをfeatしたアーバンな1曲。M10はブラジリアンな・ソウルで有名なSabrina Malheirosのハンドクラップ系Groove。さらには日本からMonday満ちるさんの伸びやかな声が美しい大人な1曲。

どちらかと言うとRhythmがはっきりしているClubに馴染みやすい曲が多く、女性Vocal中心です。ただ、今回の曲順については、明るい昼間のドライブ向けの曲と、落ち着いた夜の深いGrooveの曲が混在しているので、続けて聞くと変な感じです。あくまでオムニバスで個々の曲を楽しみましょう。

ちなみに、殆どの曲はネット上で正規にフル無料で試聴できます。

1. Ivana Santilli - Deserve
2. New Mastersounds f/Corinne Bailey Rae - Your Love Is Mine
3. Diplomats of Soul - Someday (Yam Who? Remix)
4. One51 feat. Heidi Vogel - Bring Me To Your Life
5. Monday Michiru - Philosophy Road
6. Positive Flow - The City Streets
7. Jiva - Sun & Moon
8. Break Reform - Trust
9. V feat. Jill Scott - Born Again
10. Sabrina Malheiros - Saudade Rio
11. Porsche Smith - Crying
12. Brigette - Take Me
13. Deborah Bond - This Is Me
14. Alison Crockett - Imgonnacome (Blue Chai Martini Mix)
15. Silhouette Brown - Just A Little More
[PR]
by shigenori_y | 2006-06-18 21:23 | R&B,Soul
b0012110_938179.jpgSOUL BROTHER / CDSBPJ31 / 2006/05/24

UKで、Expansionと並ぶ良質Soulオムニバスを続々と発表しているSoul Brother Recordから、インディーSoulをコンパイルしたオムニバス。2005が好評のため第二弾も出ちゃいました。

これからの新人を紹介する見本市というコンセプトは前回と同様。ということで、前回収録の方々はどうたったかと振り返ってみると...Adriana Evansは昨年時点でも別格として、Conya Doss、Rhian Ayanna、Monet、Alison Crockett、Myron、Geno Young等、見事に日本盤ALbumが発売されております。なんかP-Vine様様って感じもしますが、一昨年、昨年とインディーAlbumの日本での消費のスピードと量は格段に増えたのではないかと思います。

それでは今年。

UKでの彼らの評価はどうなのか知れませんが、すでにNuwamba、Crystal Night、Martha Redbone、Amar Khalil..日本の店頭で日本盤Albumが入手出来る。ひょっとして、彼らの拠点よりも知名度が高かったりするかもしれない、恐るべき消費の形態が出来ているようです。

音的には、フィリー、アトランタ系の音が多めで、落ち着いたネオソウル好きなら普通に楽しめます。ソフトな声がキラキラしたキーボードに乗ったGroovyなM1、ギターのカッティングが気持ちよいM2、これまた優しく包み込むようなM3と、最初から癒し系女性のMid連発。男性陣もM5はTony Toni ToneのVocalでこれまたとろけるようなこくまろ。M7は美しいストリングスにハンドクラップとブラスが絡むキャッチーなMid。(Sadeとは同名異曲)などなど、充実の16曲。

myspaceやCD Babyをこまめにチェック出来ないかたは、これ1枚でインディーはOK!もちろん、普通にネオソウル系オムニバスとしても楽しめます。

1. Much Better - Chavous
2. Do What You Do - Inobe
3. Ummm Hmmm - La Sonya Gunther
4. Vin Rouge - Crystal Night
5. Sunny Day - Amar Khalil
6. Where It's At - Darien
7. No Ordinary Love - P.J.Morten
8. Forever - Nuwamba
9. All The Ways - Jazzhole
10. Waiting For The Tables To Turn ‐ Jeff Robinson
11. No More Love - Brown's Bag
12. Children Of Love - Martha Redbone
13. Feels Like Love - Brown Baby Girl
14. Something So - Gabie McGee
15. I Just Wanna Be With You - Iman Williams
16. Get Through - Natural Selection
[PR]
by shigenori_y | 2006-06-04 09:40 | R&B,Soul
b0012110_21442964.jpgHipbone / HBS-001 / 2005.2.8

NYで活躍する巨漢女性Singerの入魂の一枚!
Soul,Blues,Gospelを飲み込んだ壮絶な作品。

この方、知ってる人少ないと思いますが、コアなHouseファンなら驚愕もの。というのは、1993年にアナログが発売されるや否や話題をかっさらい、性別不詳な迫力のVocalにGarage Houseファンを興奮の坩堝に巻き込んだ"4 To The Bar feat. Alexis P. Sutter / Slam Me Baby"。伝説のVocalその方なのです。

何故だか日本のみでEPが出たり、これまた日本のClub雑誌のサンプラーにfeatされて歌ったり。90年代には"We Need Each Other""Drums of Freedom"と次々と問題作を(日本中心に!?)発表。

数年前、music podというMDに音楽をダウンロードするキオスク端末で彼女の新曲が続々と発表され、これも驚愕でした。

で、本作。てっきりHouse Singerだと思ってたら、Houseは一切無し!彼女のルーツであるGospelをベースとした歌い上げのSoul、Bluesが中心。M1はHouse remixも既にSmash Hitしていますが、remixは収録なし。大味かと思えばM12やM2のようにソフトに歌ったり、M7なんか失禁寸前の迫力で迫ったり。夢に出てきそうですよ。本当に。怖いよう。

http://levonhelm.com/alexispsuter/のLISTENの所で全曲試聴可能です。
言っときますが、彼女は女性です。

1. All Night Long
2. Love?
3. Never
4. Ride Ride
5. More To This
6. Teacher Man
7. Rollin' and Tumblin'
8. Da' Hood
9. Sis' Mary
10. Political Song
11. Changes
12. Strangers
13. Intermission
14. Sugar Fix
[PR]
by shigenori_y | 2006-05-31 21:47 | R&B,Soul
b0012110_20525038.jpgEMI / X3593432 / 2006/03/20 / CCCD

UKの誇るR&B歌姫のBest盤。そうですか。彼女もBestが出るお年頃ですか。

1996年。DOMEから鮮烈なデビューの"The B-Funk"
1998年。1stをさらに推し進めたHit作"Prodigal Sista"
2002年。認知度は高まったものの、方向性を見失ってきた"Who I Am"
2004年。Rock化し、ポップチャートでは売れた"Affirmation"

それぞれの特徴ある4枚からバランスよく選曲。曲順は年代と無関係で、彼女の成長を感じるという構成ではありません。元々多様な歌い方が出来る器用な人で、曲調にあわせて魅力を振りまきます。Singleの寄せ集めではありますが、色々と歌ってきましたって感じ。

好みの問題でしょうけどToo Muchな曲もあり、歌い上げがくどいと感じることがあります。その辺で好き嫌いが分かれる所でしょう。もうUK Soulという佇まいではありませんしね。

1 Shoulda Woulda Coulda
2 Keep This Fire Burning
3 Come As You Are
4 Piece Of My Heart
5 Gold
6 Made It Back (Good Times 7'' Mix)
7 Get Up!
8 Flavour Of The Old Skool
9 Sista Sista (Original Mix)
10 Not Too Late For Love (Radio Edit)
11 Greatest Day (Classic Mix)
12 Made It Back
13 Sweet Thing (Live For Radio 2)
14 Angels (Live With Guy Chambers For Radio 2)
15 Who's Gonna Save Your Soul
[PR]
by shigenori_y | 2006-05-22 20:53 | R&B,Soul
b0012110_22104035.jpgDOME / DOMECD65

元Incognitoのヴォーカリストであり、Mary J. Blige、 Chaka Khan、 D'Angelo、 Erykah Badu、Luther Vandross、Whitney Houstonと言った大物達のバックコーラスをやっていた実力派女性の2nd。

"Barbara Tucker / Beautiful People"も彼女がコーラス参加で、あの「ぴーぽーぴーぽー」も彼女。(いや、分かる人にだけ分かっていただければ...と。) 他に、Various / Soul Sophisticatedにも彼女の曲が収録されていました。

バックコーラス中心の活動をしていたとは言え、そこはかなりの実力がありテクニシャン。ややハスキーな声を生かしたSmoothな曲あり、Neo Soul系の曲ありと楽しませてくれます。特に本作はミッドテンポの曲が非常に心地よく、低音ではささやくように、高音では軽やかに歌い上げ、嫌味のない自然なGrooveには好感が持てます。

これまたDOMEからで、本当にここからのアーティストは、はずれ無いです。(USでも夏頃発売予定。)元来、NewYorkで活動していた彼女。音作りが非常に洗練されており、Acid Jazzに似た肌触りもありますので、UKで先に発売されたのも納得できます。ただ、"Subway Love Game"なんかは完全にNewYorkを歌った曲なので、UKではどう受け入れられるんでしょう。

あ、最後のSpiritは前作からのHouse Mixで、幅の広いところをみせたかったのかもしれませんが、歌詞が歌詞だけにこのMixにしてしまうと無理があります。蛇足。

1. Love Is
2. Hair I Am
3. Subway Love Game
4. Comfort Zone
5. You
6. Ma Renee And Me
7. African Chant (Roots Of Nature)
8. Tell 'Em Let 'Em Know
9. Truth Iz
10. Dreamer
11. Family
12. Spirit
[PR]
by shigenori_y | 2006-05-21 22:40 | R&B,Soul
b0012110_2312487.jpgうわ。これもう演歌の世界じゃん。密度濃いです。

この人、前作だか何だかで"Killing Me Softly"をカバーしててちょい気になったのですが、またもやインディーから。今回もカバーが多いので、曲が書けるスタッフを雇うお金がなかったのかと勘ぐってしまいます。

さらに音がすこぶる悪い。とても気になる。本人はやる気満々っぽいのに、残念です。

でも歌的には、真摯さに好感が持てます。ビジネスとしては成功しない気がしますが、これはこれで有りかなぁ。如何にもインディーっぽいですけど。

あ、表ジャケットにグッと来た方、裏ジャケは見ないほうが...
[PR]
by shigenori_y | 2006-05-15 23:25 | R&B,Soul
b0012110_075255.jpgWow!!
Thursdays Loveの新譜ですよ!待ってましたっ!

...え? Vocal違うの?
歌の下手な繊細なSiennaちゃんクビですか?
てっきりFunky DLと彼女とのプロジェクトがThursdays Loveかと思ってました。Funky DLのインタビューでもSiennaとAlbumを作ってるって言ってたので、彼女はSoloデビュー?

先にAlbumに取り掛かっていたDyanna Fearon の立場は?

ということですが、新VocalのJoy Black嬢、普通に歌えるのでSiennaちゃんの時の危うさを伴う個性が薄れてしまった気がします。あまりにもさらりと流れすぎ。ひっかかりがありません。Jazzyというコピーがついていましたが、全然Jazzyじゃない。声質のせいでしょうか?

さらに、殆どの曲が同じくらいのテンポで同じような音作りなので、それも印象を薄くしています。もったいない。もちろん「おっ」と思う曲もありますが、どうも短期で作られたのか、深みがない気がします。(もともとそういうのを求める音ではないかもしれません。)

非常に期待しているProjectなので、辛口になってしまいましたが、Remixの前の素材集と考えれば今後の展開に期待がもてます。(え?)
[PR]
by shigenori_y | 2006-05-10 00:22 | R&B,Soul
b0012110_011036.jpg綾菜ちゃん(笑)

もちCD Babyから即買い!まさかこれが日本で発売されるとは!
JazzyなSoul。声が深くて良いね。

...あ、なんかTSUTAYAでレンタルされてました。
[PR]
by shigenori_y | 2006-05-10 00:03 | R&B,Soul
b0012110_23552564.jpgこれまたExpansionから。さすが。たまらんね。
[PR]
by shigenori_y | 2006-05-09 23:56 | R&B,Soul
b0012110_23532618.jpgあーもう。
ルックス違うやん。
[PR]
by shigenori_y | 2006-05-09 23:53 | R&B,Soul