ブログトップ

Central Vibe

avocado.exblog.jp

HMVネット通販でExpansion物1,500円セールだと!

カテゴリ:Club( 113 )

b0012110_1141716.jpgUniversal B000524302 2005/09/20

Hip HopのGrooveにViolinを乗せた個性的な女性Violinistの1st。

album発売のアナウンスがあってから、かなり待たされましたが無事出ました。既にKanye Westの"New Workout Plan"なんかで彼女のことをご存知の方の多いでしょう。最近はあらゆるところで見かけます。Janet Jackson、Jennifer Lopez、Britney Spears、Twista、Alicia Keys、Brandy、Joe....大人気ですね。

本作もそうした活動の延長線上にあり、かなりのゲストが参加しています。Kanye Westはもちろん、Lil' Mo、Scarface、Anthony Hamilton、Consequence、John Legend、Musiq...。ほとんどHio Hopオムニバス状態です。

Violinは、弦がこすれて音が立ち上がるまで、微妙に時間がかかるので、こういったDance物には使いにくい楽器と言われています。また、弦がこすれる音が耳障りなこともあります。しかし本作は、Beatが強烈なため、あまり気になりません。Rapとの相性も意外と面白いです。

ま、こういったClassicの楽器でHip HopやR&Bを演奏するスタイルは1つのジャンルとして確立して来ている気はしますが、聞いた感じ瞬間風速的な面白さだけで飽きられそうな気もします。ゲストが豪華なのもそのせいでしょうか。今後、彼女の2ndが出るかどうかはかなり疑問ですね。(あ、でも人脈はかなり豊富そう。)

さらに、このキワモノ感たっぷりのB級ジャケットを使うセンスが理解出来ないなー。売る気あんのかよ?

1 Intro
2 We Gonna Win - (with Styles P)
3 Jump & Spread Out - (with Fatman Scoop/Vicious)
4 Fly Away - (with Fabolous/Kanye West/Musiq)
5 Hold Your Head Up High - (with Lil Mo)
6 Sunshine To The Rain - (with Scarface/Anthony Hamilton)
7 Lord Of The Strings - (with J. Ivy)
8 Chillin ' In The Key Of E - (instrumental)
9 Miss Melody - (with Akon)
10 New World Symphony - (with Pharoahe Monch)
11 4 Flat Tires - (with Baby/Lil Wayne/6 Shot)
12 She Was Just A Friend - (with Anthony Hamilton/Algebra)
13 I've Been Waiting On You - (with Consequence/John Legend)
14 Star Spangled Banner - (with Doug E. Fresh)
15 Jump & Spread Out - (Reggaetone remix, bonus track, with Fatman Scoop/Zion/Lennox & Pitbull)
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-22 11:42 | Club
b0012110_11142763.jpg徳間ジャパン TKCA72883 (2005/08/31)

野崎良太を中心とする世界に誇るJazztronikの新作。(2ヶ月連続新作の第一弾)

てっきりSingle"Tiger Eyes"を中心とした構成になるかと思っていましたが収録されず、ラテン・ブラジルの音を中心とした新曲で構成されています。やはり今回は豪華なゲズト陣が注目。

流れるような澄み切った声が軽快なトラックと相まって歌物としての完成度が非常に高い今井美樹M2にノックアウト!良くも悪くも嫌味の無い彼女のVocalは速いテンポなのにさらりとした感触です。

また、ゴスペラーズの黒沢薫が参加したM10は、Jazztronikらしからぬ(?)意欲作で、これまたソフトにFunk(謎)な出来栄え。Paul Brundtland参加のM7は声の良さを生かしたやや大人なエッセンスの曲でこれまた気持ち良し!

インストと歌物のバランスも良く、非常に聞きやすくなっています。

最近はDJやProducerが複数のArtistをゲストにアルバムを作成するパターンが多いように思いますが、一般的にはバラエティーに富みすぎて統一感が失われる場合が殆どです。しかしながら、本作は統一したカラーが明確にあり、さすがにJazztronikといった趣です。お勧め。

1 Prelude
2 Searching For Love
3 Cannibal Rock
4 South Of The Border
5 Dentro Mi Alma
6 Madrugada
7 Reminisce On Joy
8 Verdades
9 Beeping
10 流星
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-21 23:13 | Club
b0012110_180455.jpgHed Kandi BIBZ 008 (2005/08/22)

Hed KandiからのIbizaの人気Hotel Es Vineと人気のあるBase Barをイメージした年に1回の人気シリーズ。今回は3枚組みです。

これも遅いなぁ。一体HedKandiに何が起こっているのでしょう。8月下旬に発売ということは実質手に入るのは9月ですから、Beach Houseも含めて、この手のリゾート系季節物音楽のタイミングは完全に外してる感があります。夏前に出してよ。

ただ、例年は2枚組みが今回は3枚組みに増量。値段は据え置き(HMVで3,117円)なのは評価出来ます。

全てMixされていないので、好きな曲だけ聴くには便利ですね。最近、CDを購入するとすぐリッピングしてポータブルプレイヤーで持ち歩く人が多いでしょうから、unmixはうれしいところ。でも微妙にeditされてて、最後はF.O.していく曲が多いのがHed Kandi的でしょうか。そのおかげで収録曲数が増えるわけですけれども。

さて、Disc1はDowntempo、Chillout系が中心となる、まったり系。Disc2はDisco、Club系のHouseが中心となるアッパー系。Disc3は、よりElectricかつPopな要素もありつつ、Club系。それぞれが微妙にコンセプトを変えつつも、全体的なスタイリッシュな統一感といい、音から想像するイメージといい、相変わらず選曲眼は確かです。お手軽に夏のリゾートを満喫するには良いCDでしょう。Hit曲を手堅くあつめてありますし、新しい曲ばかりなので最近の音の傾向をチェックできます。アナログでこつこと集めてる人が見たら卒倒しそうな中身で、努力とお金を節約しましょう。(笑)

でも、同じような傾向の曲が中心になるので、全部聴いてるとやっぱ飽きるなぁ。いつもは評価の高いジャケットも、今回は詰め込みすぎ。

Disc1
1 Reflections - Opus 15
2 Cinematic Soundown - Los Olivadados
3 Don't Look Back(Fug Mix) - Bliss
4 Light Things - Bright, James
5 Let It Go(Original Mix) - Battistessa
6 City Streets - Positive Flow
7 Lessons Learned From Goodbye - Latrice
8 Heavens On Fire - Luke
9 Supernova(Album Version) - Eddy Meets Yannah
10 Voodoo(Album Version) - Chungking
11 Stars - Dubstar
12 Only Love Can Break Your Heart(Album Version) - St. Etienne
13 Trust - Bailey, Bonnie
14 Emotion 98.6
15 Soft Rock
16 Doctor Pressure (dirty radio edit)
17 Destroy Rock 'n' Roll (Tom Neville clean edit)

Disc2
1 Felicidad(JJK Reversoul Vocal) - Mambana
2 So Many Times(Club Mix) - Gadjo
3 Free As The Morning Sun (Haji & Emanuel Mix) - Mr. Hermano
4 Universal (Kings Of Soul Vocal Mix) - James, Nate
5 Ice Cream Parlour - Liquid People
6 Something (To Make You Feel) (Kandid Mix)- Silosonic
7 Let The Music Play(Lovegrooves MIx) - Kujay Da Da
8 In The Night(Vocal Mix) - Who Da Funk
9 Hypnotic Erotic Games(Soulshaker Club Mix) - Soulshaker
10 Loving You(Original Mix) - Poker Pets
11 This Feeling(Original Mix) - Lovemakers
12 Loving You More(Original Club Mix) - Mac, Steve & Steve Smith

Disc3
1 Until The Music Stops(J.A. Teknixx Mix) - Jupiter Ace
2 Angel Of Love(Original Mix) - Haji, Seamus
3 Walking On Sunshine(Hott 22 Sampilicious Mix) - Rockers Revenge
4 Empty Streets (Aurora Remix) - Late Night Alumni
5 Into Your Eyes - Van Helden, Armand
6 I Like The Way You Move - BodyRockers
7 Dirty - Punk Rox
8 Someday(Main Mix) - Ades, Jean Claude
9 Gabyrelle (Original Mix)- DJ Technik
10 Breathe (Original Mix) - Howells, Danny
11 Most Precious Love(Copyright Spiritual Club Mix) - Blaze & Barbara Tucker
12 I'll Rise(Eric's Beach Mix) - Peyton
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-07 18:03 | Club
b0012110_9204474.jpgNew World Records NWR2008 (2005/07/06)

DJ/サウンドプロデューサーの森田昌典と、マルチプレイヤー阿部登による国内人気ユニット「スタアパ」の3rdアルバム。

いや~。この豪華なゲスト陣、どうですか。既にアナログでも人気のStephanie Cookeによる2は、爽やかかつ嫌味の無いストレートな歌い方で爽快感満載。Ananda Projectのシンガー、Terrance Downによる4はじらした感じがちょっと大人ですし、相変わらずスノップなJoi Cardwellの6は世の中斜に見たようなボーカルにピッタリ。Kenny BobienによるStevie wonderのカバー10は反則スレスレ。正にUSの重鎮勢ぞろい「ザ・ハウス」といった面子で、それぞれのキャラクターに合わせた曲作りがなされています。

本作はClub Jazz寄りだった過去2作よりもHouse色が強くなった気がしますので、ファンとしては好き嫌いが分かれるところでしょう。また、Houseの中でもかなり洗練された部類に入りますので、汗の飛び散るSoulは感じられません。ごく上品で女性向けでしょうか。Barbara Tuckerとかが参加してれば、ちょっとは発汗度が上がったかなとか考えたり考えなかったり。実際、「気持ちよさ」という観点では本作が最高だと思いますが、「人間味」というか「味わい」は薄くなったかなぁ。

今のところ家でしか聴いていないので、Clubで聴くとまた感想が変わってくると思いますけどね。(そもそも、こういう音をmp3とかにリッピングして聴いてるのはアーティストに対して失礼ですね。ゴメンナサイ。)さらに、Kenny Bobienのボーカルがそんなにはっちゃけてないことを考えると、曲のせいもあるでしょうけど出稼ぎ感覚で歌われちゃったのかなぁ、とちょっと心配。

1 Message
2 One True Love
3 Journey
4 We Are Lonely
5 Landscape
6 Love Is The Answer
7 Evolution?
8 Spirits
9 Questo Mondo Immenso
10 Isn't She Lovely
11 Episode
12 Dazzling
[PR]
by shigenori_y | 2005-08-26 03:20 | Club
b0012110_11513529.jpgOM 187 (2005/08/09)

人気HouseレーベルOMから、DJ Fluid(OMのオーナー)のMix CD。

ここに来て、OM Recordはりリースラッシュ。House作品をガンガン出して絶好調!本作は水着女性ジャケットを見ればわかるように、海辺で聞きたいようなラテンハウスやDeep Houseのここ数年のHit曲が集めてあります。良くあるパヤッパパリラ~系を中心とし、ややダウンテンポな曲もあります。

お、日本からHIDEO KOBAYASHIさんの曲も含まれていますね。ラテンハウス系のMix-CDを聞くと比較的日本人アーティストの作品が収録されている確率が高いです。こういう音は日本人が好んで作るからでしょうか。どちらにしても海外での活躍は日本人としてうれしいですね。

さてMixについては、特に魅力は感じませんでした。普通に繋げてあります。ま、ビーチサイドで流しっぱなしにするには良いでしょう。Hit曲そこそこ押さえてますし。なぜか価格も輸入盤で1,800円前後と、安め。お財布に余裕があればって感じです。

もうそろそろ夏も終わりって頃の(日本での)発売タイミング、悪すぎ。

1 Bario Beats (Intro) - Michael Tello
2 Sous Les Soleil - Major Boys
3 Dream - Moses McClean
4 Something Right - Chuck Love
5 Ever After - Rasmus
6 Rhythm Is? - Afro-Mystik
7 All Right - Johnny Fiasco
8 Only U - Uneaq
9 Neverending - Martin East Project (John Beltran mix)
10 Stay With Me - DC
11 Violet Mountain - Hideo Kobayashi
12 River Song - Bebel Gilberto (Grant Nelson mix)
13 Sunrise (Comw With Me) - Roomsa (original vocal)
14 Just Let Go - Bozho
[PR]
by shigenori_y | 2005-08-22 23:50 | Club
b0012110_19581666.jpgHed Kandi HEDK 049 (2005/08/02)

夏の定番人気シリーズ。Deep House、Latin House等、浜辺で聞きたいHouseのオムニバス。2枚組み。

んもう。遅いよ!
今年は水着女性のジャケットおあずけかと思いました。

人気レーベルのNaked Music RecordingsのLisa Shawや、Aya。OM RecordのKaskadeの「胸キュン」Hit。これまたBeach Houseにはお馴染みのLate Night Alumni。いつもの事ながら最新のHit曲ばかりで、旬の曲を存分に楽しめます。

Deep Houseの人気レーベルであったNaked Music Recordingsが開店休業状態に陥り、新譜が出なくなって久しいのですが、そろそろDeep Houseの音の主流が移り変わりつつあるのかなぁという感じです。明らかに昨年より、Deep HouseのCDが少なくなっていますし、今年のBeach Houseが出るのが遅かったりするあたり、ちょっと勘ぐってしまいますね。その分Latin Houseに頑張ってもらいますか。

あと、今回のジャケ女性。佐藤江梨子に似てる。

Disc 1
1.Eddy Meets Yannah - Reach The Sky - Album Mix
2.Malena - Suavamente - 12" Mix
3.Summer of Space - A New Start - Album Mix
4.Bonnie Bailey - Rise - Eric Kupper Beach Mix
5.Robina - A New Moon
6.Kuppercoco - Undone
7.Lisa Shaw - Let It Ride - Jimpster Remix
8.Latrice - Hold The Light -
9.King DK - Can't Read Your Mind - Tinberbox Radio Mix
10.Stephanie Mills - Free - Vocal Remix
11.Aquanote - Nowhere - Gabrielle Drop 4 Original

Disc 2
1.Aya - Sean - Miguel Migs Mix
2.StoneBridge - Show You How - Notion Remix
3.Afterlife - Never Before - Bobby Blanco Mix
4.Peyton - Need To Feel Wanted
5.D'Stephanie - Back To Us - Tinderbox Vocal Remix
6.Late Night Alumni - Nothing Left To Say
7.Kaskade - Everything - Big Room Mix
8.Mylo - In My Arms - 12" Mix
9.Morris T feat. Janie Romer - Reach For The Sunshine
10.Roachford - The River of Love - Full Intention Vocal
11.Steve Mac vs. Mosquito ft. Steve Smith - Lovin' You More - Vocal Mix
[PR]
by shigenori_y | 2005-08-08 19:59 | Club
b0012110_15145861.jpgEpic EVD50202 (1999/12/21) リージョンフリー ¥1,246(caiman_america:新品)

ダイエットペプシのCM"Hot Stuff"でお馴染み、"Donna Summer"の1999年にNYで行われたライブDVD(輸入盤)

あるサイトで偶然にも彼女のこのLiveの一部を見てしまい、これは全部見なくてはと早速DVDを購入しました。尋常では無い迫力・熱気、会場と一体となった素晴らしいパフォーマンスです。

何より、彼女の歌声が年月を重ねているにも関わらず、絶頂期と全く変わらないこと。これには参りました。一体どういうトレーニングしているんでしょう?スピード感たっぷりの伸びのあるつややかな歌声には完全ノックアウトです。最近のへなちょこDivaにも見習って欲しいものです。彼女は大味な感じがして、それほど頻繁に聞くという人ではなかったのですが、このライブには完敗です。大Hit曲を網羅したBest的なDance対応の内容でありつつ、随所に彼女の情感溢れるバラードが挟まれ、ライブを抑揚のあるものにしています。

Tina ArenaとのM8では、ちょっとおどけた感じで大緊張している(はず)のTinaを先導したり、M7では客席から途中何度も拍手が沸き起こるほどの感情のこもり具合。彼女の魅力がぎっしり詰まっています。

残念なのはEnd Creditsが最後の盛り上がりを台無しにしているところ。これは仕方ないのかもしれませんが、歌っているDonnaの顔の上にCreditsを流すこともねーだろ。と突っ込みを入れてしまいました。「今夜は本当にありがとう。気をつけて帰ってね。」とかって言ってる最中にCreditsが流れて、もうダメダメです。もっと余韻に浸らせてほしいなぁ。本当に残念。

最近の彼女の活動はBESTばっかり出していて、過去の資産で食いつないでいる感がありあふれているのですが、これだけのパフォーマンスが出来るのならもっと楽しませて欲しいですよね。勿体無い。才能の出し惜しみはいけませんよ。(本当のところ、彼女はプライベートが充実しているので、静かに暮らしたいらしい。)

ま、とにかく大推薦なので、迫力がありつつ後味爽やかなコーラのようなLive DVDを探しているなら、これは買いです。"Are you ready !!!!!!"

○輸入版(ジャケット写真上)
1.Program Start
2.Macarthur Park
3.This Time I Know It's For Real
4.I Feel Love
5.On The Radio
6.Someone To Watch Over Me
7.If There Is Music There
8.No More Tears (Enough Is Enough) (Duet with Tina Arena)
9.Riding Through The Storm
10.Don't Wanna Work
11.Nobody
12.Dim All The Lights
13.She Works Hard For The Money
14.Bad Girls
15.Hot Stuff
16.My Life
17.Last Dance
18.End Credits

b0012110_15155060.jpgさて、本DVDですが輸入版はLiveを余すことなく16曲収録しています。しかし、日本盤の"Live At Manhattan Center 1999"はカットのオンパレードでなんと9曲。権利関係があるのかもしれませんが、輸入版がリージョンフリーなので、よほど日本語字幕が欲しい人以外は輸入盤を買いましょう。価格も輸入盤はamazonのcaiman_americaで購入すると¥1,246(新品)ですが、日本盤は¥3,990です。日本盤競争力が無さすぎですが、大手輸入shopでも店頭には日本盤が並んでいる現状は悲しいものがあります。純粋に音楽を楽しみたいだけなのに、誰だ邪魔してる奴は。

○日本盤(ジャケット写真下)
1. I Feel Love
2. On The Radio
3. No More Tears / Enough Is Enough (Duet With Tina Arena)
4. Dim All The Lights
5. She Works Hard For The Money
6. Bad Girls
7. Hot Stuff
8. My Life
9. Last Dance
[PR]
by shigenori_y | 2005-07-20 22:14 | Club
b0012110_1111138.jpgKing Street : KCD245 : 2005/06/10

これも定番化してきました、夏っぽいLatin Houseをコンパイルした人気シリーズ第4段。

今回はKiko Navarro の作品が2曲収録されていて、これが目玉かな。彼らしい開放感あふれるアッパーチューンで、この夏の定番化しそうですね。他にも"Malena / No Me Digas Nada" なんかはBossaをベースとした哀愁味たっぷりのgroove。耳障りの良さは抜群で、暑い陽射しをよけながらビーチで寝そべりたくなります。Albumも出ているStephanie Cookeの"Rain"のDubも収録されていて、これはちょっと意外でしたがもともとトラックがしっかりしているだけに楽しめます。

相変わらずのノー天気具合で、パヤッパパリラ~系ですので、深く考えずにPlayerで流しっぱなしにしたいですね。あ~海に行きたい!

01. Xel-Ha (Latin Jazz Mix) / Kiko Navarro
02. Olividarte (Te Amo) / Malena
03. Mongebonix (Damien J Carter Remix) / Harry "Choo Choo" Romero
04. Kissed By The Sun (12" Extended) / John Beltran
05. No Me Digas Nada / Malena
06. Horizons / Ananda Project
07. One Of Teses Nights / Julius Papp
08. Shining / Kiko Navarro feat. Isis "Apache" Montero
09. Flight (Nulife Vocal Mix) / Studio Apartmenet feat. Monique Bingham
10. Rain (DF's Rainforest Dub) / Stephanie Cooke
11. I'm Leavin (Unreleased Latin Lounge Mix) / Ivan Lacobucchi feat. Black Shampu
[PR]
by shigenori_y | 2005-07-06 01:10 | Club
b0012110_21154360.jpgCanyon International / PCCY-01734 / 2005/06/01

UKレゲエ、ダンスホール界を代表するProducer"Curtis Lynch JNR"が、R&B界の豪華ゲストを迎えて作った日本先行発売アルバム。(何故か本国UKでは発売未定)

あえて"UK"レゲエと表現しているのは、ジャマイカのそれとは違って、極めてCoolかつ洗練されているということ。レゲエのリズムを利用しつつ、ラバーズとも異なる、何とも個性的なレゲエを展開しています。UK Soulの洗練具合と似てると言えばよいでしょうか。

さらに、彼自身のレーベルNRI (New Reggae Industries)には、あのD-InfluenceのKwame Kwatenも参加している関係か、UK Soul好きなら涙物のゲスト陣。

Miss DynamiteやLil Moなんかは、なんとなく分かるような感じですが、D-Influenceのお抱え(?)SingerであるShola Amaは2曲参加で、その憂いのあるVocalを披露していますし、彼とのコラボレーションでSister Sledge のCover"Thinkin Of You"をチャートに送り込んだKele Le Rocやら、Drum'N'Bassの大ヒット"Circle"でお馴染みAdam Fまでも!

僕なんかはShola Amaの声だけで満足してしまいそうな勢いなんですが、全15曲、レゲエ好きじゃなくても非常に聞きやすい内容になってます。

レゲトンはちょっとあれだけど、UKレゲエならOKだ!(何が?)
[PR]
by shigenori_y | 2005-06-12 21:16 | Club
b0012110_2137898.jpg現代Gospelの人気Duo Mary Maryの新曲。

わ、この上なくHappy! キャッチー!元気いっぱい!Dance仕立てです。大ネタ"Honey Cone / Want Ads"を下敷きに、良い意味でごり押し。高らかに歌い上げる彼女達のコーラスも健在で、I waana go "Heaven"!!! 3枚目のAlbumももうすぐ到着ということで、楽しみにしておきましょう。

RemixはMauriceとJoe SmoothによるHouse Mix。元が元だけに手堅い出来ですが、Dance Classic仕様のMixも欲しかったところ。

しっかし、女達、すっごくルックスが洗練されたね。夏休み明けたら、目立たなかった優等生がいきなり綺麗になってたって感じ。
[PR]
by shigenori_y | 2005-06-11 23:36 | Club