ブログトップ

Central Vibe

avocado.exblog.jp

HMVネット通販でExpansion物1,500円セールだと!

カテゴリ:未分類( 5 )

b0012110_10164476.jpgYou-Entertainment 40011 (2005/08/23)

JazzとR&Bが好きなEssence magazine の創立者Clarence Smithによる企画物オムニバス。

本作は"Cafe Soul All Stars"と銘打ったセッションバンドを中心に、70年代、80年代臭をぷんぷんさせるSingerをfeat.して構成されたAlbumで、面子的には超豪華です。ここからのSingleとなるGlenn Jonesを筆頭に、Peabo Bryson、George Benson、Vesta、Christopher Williams、Roy Ayers...名前を聞いただけでも即買いの方も多いのでは?

まずはここで全曲試聴可能です。聴いてみてください。

どうでしょう。個人的にはVestaなんて大好きですし、Glenn Jonesの新曲やちょっとLatin寄りな曲もあって楽しめました。またMaysaは最近、この手のインディーオムニバスにはよく収録されるポジショニングになったようで、ネームバリューがあり、メジャー感がありつつインディーであるという特権(?)を十二分に利用してるみたいです。

内容的にはあまりにもsmoothなので、Soulと言うよりJazzやFusion系の人に受けそうな音で、こじゃれた海辺のドライブ向きかな。ジャケットが音を表している良い例です。

さらに、"Cafe Soul All Stars"を一瞬"Cafe De Soul All Stars"と読み間違えたのは僕だけではないなず。(笑)

1 What You Gonna Do (feat Glenn Jones)
2 Don't Make Me Cry (feat Peabo Bryson)
3 Used To Be (feat Christopher Williams)
4 One More Bridge To Cross (feat Vesta)
5 I'm Changing (feat Maysa)
6 Brazilian Heat (instrumental - feat Bobby Lyle)
7 To Be With You (feat Jon Lucien)
8 Urban Jungle (instrumental - feat Roy Ayers & Kenny Garrett)
9 U And I (feat Denise Stewart & Duke Jones)
10 You Don't Have To Say You're Sorry (feat Jazmyn)
11 Stay In My Heart (feat Maysa)
12 Sheba (feat Louis Taylor & Nichelle Holiday)
13 Pier 69 (instrumental - feat Roy Ayers, Pucho & The Latin Soul Quarter)
14 Get Up On It (instrumental - feat Rene McLean & Chris Albert)
15 Pages (feat George Benson)
[PR]
by shigenori_y | 2005-09-26 10:18
b0012110_14151280.jpgUK Street Soul SS001 CD

UKのインディーモノを集めたオムニバス。17曲入り。

じわじわと浸透して、ここ数ヶ月で大手CDショップでも比較的容易に入手出来るようになってきましたインディー物。もはや軽んじることは出来ません。本CDもUK産であるが故、洗練されておりかつClassic的な懐かしさも感じる曲が収録されています。

しょっぱなから"Marcus Valentine - Gone (Phatboy mix)"のバリトンボイスは非常に魅力的ですし、日本盤Albumも好調な"Metropolis / Party"や、鷺巣詩郎とも親交が深い"Maxine Braham / I Wish"(←アルバム最高!)、あのFoxy Brownをfeatした"Kristen feat Foxy Brown / Move Me"と、聞き飽きないsoulの見本市となっています。

最近この手のオムニバスは、これからデビューするアーティストや、アルバムを出したばかりの旬のアーティストのお披露目的な内容が多く、本CDもそんな感じ。青田買いという訳ではありませんが、お気に入りのアーティスト続出という感じです。Soul Essential好きな人にぜひ。
[PR]
by shigenori_y | 2005-06-01 14:14
b0012110_18544376.jpgはぁ?
なんだこの日本盤のジャケットのセンスの無さは。スナップ写真か?

えぇ? 
聴き所の1つ"Still Got Love"が日本盤には収録されていない?
ちゃんと聴きこんで選曲してないのか?


b0012110_18543398.jpgおぉ?
日本盤は輸入版より1,000円近く高い?余りにも差が有りすぎ。

好きなアーティストにこういう扱いをされると嫌ですね。
レコード会社はちゃんと仕事して下さい。

上段:日本盤
下段:輸入盤

[PR]
by shigenori_y | 2005-04-14 19:05
以下のお二人とLinkさせて頂きました。
ありがとうございます。

b0012110_9223086.jpgまっつーのTALKING BOOK

「和める音楽情報を提供するサイト」というコンセプトで、Black Musicを中心とした、まっつーさんのお勧めをご紹介。丁寧なレビューと☆の数でいろんな観点から評価しています。
彼女とのドライブデートの前は、とりあえず見とけ的。


b0012110_9224693.gifBrilliant.

有りそうであんまり無い、Garage House、Deep Houseを中心としたDance Musicを扱ったサイト。Jazz-N-Groove最高!
Defected、Naked、Soulfuricのアナログを集めていらっしゃいますが、結局Hed Kandiのオムニバスも買ってしまうんですよね~。
[PR]
by shigenori_y | 2005-02-17 09:41
b0012110_8341881.jpg1980年代から90年代に主に活動していたPerri姉妹のBest。

Anita Bakerの復活により、今またQuiet Stormの再評価が行われつつある(と勝手に思っている)のですが、そのAnitaのBack Vocalを勤めていた彼女達。タイミングを見計らったかのようにBestが出るところは、発売元のExpansion Recordsのマーケティング戦略でしょうか。

彼女達はどうしてもAnitaの二番煎じの感がぬぐえなく、代表曲でもある"Someone Like You"は正にAnitaの"Sweet Love"のコピーというか何と言うか... Quiet Stormが大量生産されていたであろう当時の、バブリーなゴージャス感(笑)が余すことなく発揮され、ここ数年のSoulには無い「寒い冬、暖炉の前で毛皮に包まれて恋人と愛を語り合う至福感」満載です。(苦笑)イントロの「ジャーン♪」というBandの音色を一発聞いただけで、「あぁ、あの手の曲ね。」と分かる作りです。(いや誉めてるんですよ。)

ま、AnitaよりもUpの曲に強くJazz色が薄い結果、Danceの要素を持つ曲も多いのですが、さすがに時代の流れを感じる古い音。また、独特の音程のはずしがどうしても気になって身を委ねられない危うさがあります。(Anitaは狙って音をフラットさせることがありますが、Perriは単に歌が下手で、声質と声量でごまかしてる感じです。)奇しくも、このBestの中で一番普遍的な輝きを放っているのが、先の"Someone Like You"であることが彼女達が行き詰った理由を示しているかのようです。

ルックス(と体格)も微妙だしねぇ。
[PR]
by shigenori_y | 2005-02-15 08:34