ブログトップ

Central Vibe

avocado.exblog.jp

HMVネット通販でExpansion物1,500円セールだと!

Roni Size / Return To V

b0012110_20591483.jpgDrum'N'Bassの雄Roni Size本人名義では2枚目のAlbum。先に紹介してるBrazillian系Drum'N'Bassとは一線を画す、これが正統流(!?)だと思われるHardな作品群。ここまでくると拒絶反応起こす人もいるはず。Funky & Dopeで硬派な音してます。

House派の僕は普通ならここで素通りするはずなんですが、引っかかったのはGuest。なんと、Blaze、Jocelyn Brown、Bjorkの新作もやってたRahzel(Roots)、ひゃーBeverley Knightまでも。"ジャンル違うやんけー。"と関西弁でつっこみたくなるほどの人選です。これだけGuestが強烈なのに、主役はあくまでRoni SizeでAlbum全体での完成度はかなりのもの。Producerとしての手腕の高さが堪能できます。

中でもDynamite MCとBeverley Knightをfeaturした"No More"。これはすごい。強烈な疾走感を持つBacktrackに、Beverleyが見事に生き生きしてることと言ったら、もう先のBeverley本人のアルバムより艶っぽいんじゃねーの?Vocal Drum'N'Bassの今年No.1作品に決定!(そもそもDrum'N’Bassってあんまり聞かないけど)

正直、詩に全然深みが無くって、Jocelynも相変わらず"Sing to be free!"的なありがちなパターンの羅列だし、Blazeはちょっと中途半端感。抑揚は無く、どこを取っても金太郎で、あくまで踊る音楽に徹している感じです。長く聞いていく音楽ではなさそうですが、瞬発力は異常に強いです。

つべこべ言わずに踊っちゃえ!
[PR]
by shigenori_y | 2004-10-11 21:01 | Club