ブログトップ

Central Vibe

avocado.exblog.jp

HMVネット通販でExpansion物1,500円セールだと!

Super-Phonics / Interstellar

b0012110_10384827.jpgPony Canyon PCCY01760 2005/12/14

Acid Jazzムーブメントの中心だったBandは?と聞かれるとやっぱりIncognito、The Brand New Heavies、James Taylor Quartet辺りが出てくると思います。それらが合体したとしたら...

って、実現しちゃいました。面子がすごいのなんの。Dominic Glover(Incognito/Bah Samba)、Gary Crockett(James Taylor Quartet)、エンジニアのJason Glover、GuitarのSimon Bartholomew(The Brand New Heavies)、VocalのLucy.Jules。以上の5人がSuper-Phonics。

さらに参加musicianとしてJean Paul "Bluey"(Incognito)はもちろんのこと、Jan Kincaid(The Brand New Heavies)、"Girl Overboard"等のHitを持つLatin Jazzの重鎮Snowboy、JamiroquaiやUS3のBandメンバーなどなど、ひと時のブーム以降はフレキシブルにBand間の人事交流が行われていたとは言え、これはもうAcid Jazz界の"We are the World"(チャリティー無し)。Acid Jazzのオムニバスの上から順番にBand Memberを選出しましたって言われても信じられそうです。

.....っと。表向きの説明はこれくらいにして。

音的には如何にもUK(と日本)でしか機能しなさそげなおしゃれ生音Disco(!?)で、ちょっと拍子抜け。正直これだけの個性が集まるとなると、相当期待してしまったのですが、割と想定内の音でした。なんかこれだったらJoey Negro1人で充分勝てるって感じ。ギャラを想像すると相当なものだと思いますが、それに見合うだけの売り上げは見込めないでしょう。好きでやってるとすると、もっと熱気が感じられて良いと思うのですが、皆さん一歩引いてる気するのは何故でしょう。なんか皆そろって「僕ら、こういう音も出来ちゃうのよ。」って余裕ぶっかましてる感じがします。

Vocalも匿名的で、Discoに必要なギラギラ感と噎せ返るような体温が足りません。やっぱりAcid Jazz風味なのか、洗練されすぎてて汗臭さは微塵も感じられず、印象薄。70'sのDiscoって、もっとドロドロしてると思うのですがどうなんでしょう。Incognitoが黒人Vocalでもあまり黒く感じられないのと同じ感覚です。なんかドライブBGMの粋を超えては居ないと思います。日本先行発売ってのもその辺を考えると理解できそう。もっと、お互いの主張が纏まらずあらぬ方向に行ってしまった方がおもしろかったんですがね...

01. P.A.R.T.Y
02. BETTER TRY AND SEE
03. DIAL L FOR LOVE
04. GIVE A LITTLE LOVE
05. ELEVATE OUR MINDS
06. INTERSTELLAR
07. HAVE A GOOD TIME
08. STUDIO 55
09. HIGHER!
10. EVERYBODY
11. I'M GONNA MAKE YOU WANT ME
[PR]
by shigenori_y | 2005-12-26 01:35 | Club