ブログトップ

Central Vibe

avocado.exblog.jp

HMVネット通販でExpansion物1,500円セールだと!

Maya Azucena / Maya Who?!

b0012110_20341185.jpgインディー女性R&B 秀作Album。

Honey BrownNina ShawLinaに続いてまたもやインディーズながら新宿タワレコでは試聴機に入り、推薦されてました。こういうのを取り上げてもらえると、「お、バイヤーさん頑張ってくれてるナー。」と思ってうれしくなってしまいます。

Brooklyn出身の彼女はアンダーグラウンドシーンでかなり人気だそうで、実力も有り、相当歌えるようです。音的にはUSの音よりもUKのアシッドジャズ以降の音ではないかと思いますが、しっかりVocalに意思を感じます。決して「なっちゃってソウルのおしゃれさん」ではありません。

M1からもうご機嫌(笑)のDance Tuneで、M3等のがっつり歌う曲もあれば、M4やM9のようにMiddleでさらりとした手触りも感じさせます。アップからスローまでそつなくこなしていますが、どちらかといえば本人はアップの方を得意としているようですね。Band形式のLive経験がCDから感じ取れます。

それと、これは2003年作品でレコーディングしてからかなり時間が経過しているので、今頃の紹介では、ちょっとアーティストに失礼ですね。

でも、なんでインディーはこんな写真をジャケットに使うんでしょうか?彼女の公式サイトにはもっと素敵な彼女の写真が沢山あるのに。一瞬、水森亜土さんかと思いましたよ。とぅるっとぅる~♪

1. Do You Really Wanna Party
2. Right Way
3. My All
4. Like No Other
5. Too Much
6. Still Searchin
7. Get Ya Self Up
8. G-Hetto
9. Walk For Miles
10. All In Love is Fair
[PR]
by shigenori_y | 2005-07-18 20:58 | R&B,Soul