ブログトップ

Central Vibe

avocado.exblog.jp

HMVネット通販でExpansion物1,500円セールだと!

Various / Washington Nights

b0012110_1423330.jpgWASHINGTON CLASSICS NO.1221HH008

MellowなHip Popという「微妙な」音楽を作り続けるFunky DLのレーベルコンピ。

「微妙な」というのは、この音が殆どUSや、本国UKですらあまり機能していないこと。でも日本人受けは良く、彼と女性Singer SiennaとのユニットThursdays LoveはAlbum発表後、次々と12inchが切られています。また、お馴染み人気コンピSoul EssentialsにもFunky DLのProduceしたDyanna FearonやJ'LEISH等、収録がありました。マーケットを余り意識せず、自分の心地よい音楽を作り続けた結果、日本でそれが受け入れられたというのは、ある意味幸運ですね。

で、それら12inchでしか流通していなかった初CD化曲11曲を含めた、なんと16曲入りのボリューム。(彼の場合1曲が3分~4分と短いです。Remix曲にしても。)

Funky DLの新曲はもちろんのこと、日本では既発表の"Dyanna Fearon / Kinda Shy"やMinnie Reperton / Inside Me"使いの同"Dyanna Fearon / Before our Love (Just Fades Away)"。さらには先にご紹介の"Thursdays Love"は4曲収録で、どちらかと言えばR&Bの歌モノの色合いが強く、さらりとJazzの香りも漂わせながら洗練された女性ボーカルが乗ります。

かなりシックでパープルな世界が広がるこの音楽。おしゃれーな大人の淑女にもぜひ聞かせてあげたいですね。でもこのままだとPaul Hardcastleのような日本FM向けのおしゃれR&Bになっちゃうのが、不安でもあったりなかったり。
[PR]
by shigenori_y | 2005-04-19 14:04 | R&B,Soul